F1 バルテリ・ボッタス メルセデスAMG F1
バルテリ・ボッタスは、メルセデスとの新しい契約に合意して2020年のF1グリッドで自分の居場所を封印できたことに安心していると認める。

メルセデスは8月29日(木)にバルテリ・ボッタスとの契約を延長するオプションを行使し、2020年もルイス・ハミルトンのチームメイトとして4シーズン目を迎えることを発表した。

バルテリ・ボッタスは、2020年のメルセデスのシートをリザーブドライバーのエステバン・オコンと争い、シートを喪失した場合に備えて“プランB”だけでなく“プランC”まで検討していたことを明らかにしていた。

「来年の状況が確認されるのは常に良いニュースだ。チームが今年の残りの年と来年も強いと信じているので、間違いなく僕が最も望んでいたことだ」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「そうない理由はない。明らかにそれを聞いて、やっとすべてを完了させることができてとても嬉しかったです」

「先週、サインして書類が整った。それまで少し待たなければならなかったけど、それでも良い休憩を過ごせたし、たくさんの楽しみがあった。でも、今は幸せだ」

夏休み前に2つの困難なレースを過ごしたことで、自分の将来について心配したかと質問されたバルテリ・ボッタスは。「正直に言えばね。夏休みに入って、このスポーツでは何もサインされていなければどんなことも起こり得る」

「もちろん、決定はチームによって行われ、チームが検討する様々なことがあり、それらは彼らが選択する際に違いをもたらす。自分とエステバンとの間の全体的な状況は非常に率直に話されていたので、先週末まで待たなければならなかった」

「念のために他のオプションを考えていたのは確かだ。2つの椅子の間に置き去りにされたくはないからね。他の選択肢の計画を立てようといていたのは確かだ。でも、その後、物事は正しい方向に進み始めたし、このままコミットしておくことが良いことだとわかった」

「さっきも言ったように、将来について知ることができてとても嬉しく思っている。もうそれについて心配する必要はない。本当に仕事に集中できる。過去数レースを終えて、ここで強い結果を出したいと本気で思っているし、シーズンを素晴らしい形で締めくくりたい」

バルテリ・ボッタスは、夏休みの間にメルセデスとシーズン前半のパフォーマンスを分析し、今年の開幕戦で示した状態を取り戻すことを決意していると語った。

「常に分析し、状況を振り返ってどのように改善できるかを確認しているし、休暇に入る前に僕たちはすべてをうまくキャッチアップしていた」とバルテリ・ボッタスは語る。

「いつものように、すべてのミス、自分がもっとうまくできたと感じているすべての状況、チームとしてもっとうまくできたと感じている場所から学び、改善しようとしている」

「新しいことは何もなかった。間違いなく、シーズン開幕時のレベルは非常に良いと感じていた。自分のパフォーマンスが落ちたわけではないと信じているけど、いくつかの奇妙なレースやミスがあったのは確かだ」

「それは僕の悪い部分だったし、シーズン開幕時のレベルにはいなかった。でも、いろんなことが起こり、そこから学んでいくものだ。シーズン後半の目標は、できる限り強くなって最高のレベルを目指すことだ」

「そこにたどり着くことができれば、自分に何ができるかはわかっている。でも、このスポーツでそこにたどり着くのは簡単ではない。当然、シーズン終了まで非常に強力であることが目標だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス