F1 バルテリ・ボッタス メルセデス
バルテリ・ボッタスは、2020年にエステバン・オコンが自分のメルセデスのF1シートに収まるという噂について“心配はしていない”と主張する。

今年、バルテリ・ボッタスは勝利を挙げることがなく、ドライバーズ選手権5位という厳しいシーズンを過ごした。チームメイトのルイス・ハミルトンは11勝を挙げて5回目のワールドチャンピオンを獲得している。

メルセデスの育成ドライバーであるエステバン・オコンは、ランス・ストロールの加入によってフォースインディアのシートを失い、2019年はメルセデスのリザーブドライバーを務めることが決定。2020年にバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスのレースドライバーを務めることが噂されている。

バルテリ・ボッタスが、今年序盤にメルセデスと結んだ契約は2020年のオプションも含まれてはいるものの、基本的に2019年の1年契約となっている。

噂について心配しているかと質問されたバルテリ・ボッタスは「いいや、心配はしていない」とコメント。

「人々はいつも話をしているし、全てのドライバーが自分のキャリアを進めたいと思っているのは確かだ。彼らはチャンスを掴みたいと思っている」

「でも、それを心配するのは僕の仕事ではないし、悪い影響を及ぼすだけだ」

「僕はトト(ヴォルフ)を含めてここのチームメンバー全員ととても良い関係を築いているし、常にオープンに藩士をすることができる。隠されていることは何もない」

「来年の自分の目標、チームが僕に定めている目標を達成できれば、それは良いことだ。僕がそれを達成できず、チームは僕のパフォーマンスが十分ではないと感じるのであれば、それは十分にフェアなことだ」

「スポーツはそういうものだし、僕は心配はしていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バルテリ・ボッタス | メルセデス