BMW フランクフルトモーターショー FIA 世界耐久選手権
BMWは、2018年からFIA 世界耐久選手権(WEC)のGTE Proクラスに参戦するマシン『M8 GTE』をフランクフルトモーターショーで正式発表した。

BMWは、2015年9月に2018年からWECのGTE Proクラスに参戦することを発表。今年5月にはGTEマシンが市販車のBMW 8シリーズのMバージョンをベースにすることを明らかにし、カモフラージュ塗装された車両でテストを重ねていた。

BMW M8 GTEは、2018年からFIA世界耐久選手権(WEC)とIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦する予定となっており、デビュー戦は来年1月のデイトナ24時間を予定している。

BMWモータースポーツ代表を務めるイェンス・マルカルトは「我々にとって、IAAでのカモフラージュを解いたマシンの発表は、2018年のデイトナ24時間を予定している我々の初レースにむけた次の重要なステップだ」とコメント。

「FIA WECと北アメリカでのIMSAシリーズは我々の新しいチャレンジャーにとって最高の競争の場だ」

「我々はBMW M8 GTEとともに、ル・マンの伝統と結びつけながら、GTレーシングのトップクラスの国際レースに最先端のテクノロジーをもたらしていく」

「BMW M8 GTEの開発は予定通りであり、2018年に挑戦するクルマを目にするのが待ち切れない」

BMW M8 GTEBMW M8 GTEBMW M8 GTE

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: BMW | WEC (FIA世界耐久選手権) | IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権