ジュール・ビアンキ 事故
元F1ドクターのゲイリー・ハートスタインは、ジュール・ビアンキの事故死の責任はFIAにあると非難した。

ジュール・ビアンキの死を受け、同僚のフェリッペ・マッサはドライバーの結束が強まったと述べ、フェリペ・ナスルはF1はまだ安全性を改善するためにプッシュしているとの意見を述べていた。

しかし、ゲイリー・ハートスタインは、自身のTwitterでマッサとナスルをタグ付けしつつ、「ドライバーは他のことに注意を集中させるべきだ」と投稿。

2012年末にF1ドクターを解雇されたゲイリー・ハートスタインは、2人が「医学代表の解雇を要求することから始めるべきだ」と述べた。

現在、FIAの医学代表はジャン・シャルル・ピレットが務めているが、ゲイリー・ハートスタインは、医療委員会の責任者ジェラルド・サイヤンは“さらに無能だ”とコメント。

このようなゲイリー・ハートスタインの投稿は週末に削除されたが、ゲイリー・ハートスタインは「私が言った全てのことは侮辱ではなく、事実であり、そのままの意味だ」と主張した。

さらにゲイリー・ハートスタインは、ジュール・ビアンキの事故後の搬送方法を非難した。

ゲイリー・ハートスタインは、ジュール・ビアンキの事故当時にレースをするべきではなかったと述べ、ヘリコプターが飛べず、搬送時間が30分以上かかったことでさらない災いをもたらしたと非難した。

「精神的外傷治療に対するピレットの全体的な知識と経験不足は、コースアウトするたびにドライバーを危険にさらす」

ゲイリー・ハートスタインは、FIAにジュール・ビアンキの死の責任があると考えており、「ビアンキ家はそう伝えられたと思う。FIAは実際に責任があると思っている」とコメント。

また、FIA会長ジャン・トッドに対しても「スポーツは彼の事項ではなかった。彼には彼の事項があった。彼の道路安全のたわごとは全てショーであり、中身のないものだ」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジュール・ビアンキ / FIA