F1見聞録:アイルトン・セナは信じられないくらい利己的だった
元F1ドライバーのマーク・ブランデルは、アイルトン・セナに敬意を表しているが、同時に3回のF1ワールドチャンピオンを“非常に利己的”なドライバーと評した。

アイルトン・セナはまさに“天才と狂気は紙一重”なドライバーだった。マーク・ブランデルはセナを「彼は信じられないくらい利己的でもあった。彼は常に成功するために必要なものを確実に手に入れようとしていた」と Beyond the Grid で語った。

マーク・ブランデルは、アイルトン・セナとゲルハルト・ベルガーとともに1992年にマクラーレン・ホンダのテストドライバーを務めていた。その年はウィリアムズがアクティブサスペンションなどの電子制御された運転補助デバイスを装備したFW14BでF1を支配。マクラーレンも独自のバージョンを開発していた。

マーク・ブランデルは「イモラでのテストを覚えている。私はアクティブサスペンションを装備したマシンに乗っていた。私のラップタイムは、従来のマシンでのセナのラップタイムよりも少し速かった」とマーク・ブランデルは振り返る。

「セナはそれを信じることができまなかった。テストドライバーが彼よりも速いという事実は彼の世界観に合わなかったので、彼はデータを研究し、何が起こっているのか分析した」

「私はそのとき空港に行くつもりだったし、フィジオのジョセフ・レベラーが私をそこに連れて行ってくれることで同意していた。それで私は報告会で『これからボローニャの空港に今行かなければならない。ジョセフに運転してもらってもいいか?』とて提案した。すると、セナは少し頭を上げて『いいうあ、彼はここにいる』と言った」。

「この報告会にはいろいろな種類の人々がいた。しかし、誰も一言も口を開かなかった」

「私は『でも、どうやって空港に行けばいい? ジョセフが私を乗せていくべきだ。それで同意さている』というと、セナはもう一度顔を上げて『いいや、彼はここに残る』と言った」

「それは心理的なゲームだった。私にはっきりわかった。君の負けだ!とね。『君は今日トラックやるべきことをやったが、君はテストドライバーにすぎず、代わりだ」とね。それが彼のやり方であることを後で理解した。彼はいつも彼の周りの人々を最大限に活用する方法を知っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アイルトン・セナ / ホンダF1 / マクラーレン