F1 フェラーリ アイルトン・セナ
かつてフェラーリのF1チーム代表だったジャン・トッドは、1994年のドライバーとしてアイルトン・セナと契約しなかった理由を明かした。

アイルトン・セナは、1994年のフェラーリ移籍を画策しており、ジャン・トッドは1993年のイタリアGPの週末に2人で3時間のプライベートミーティングを行っていたことを明かした。

当時、マクラーレンに所属していたアイルトン・セナだが、ウィリアムズに2年連続でタイトル獲得を許していた。そして、ライバルのアラン・プロストが1994年にウィリアムズと契約したため、代替案を探していた。

「彼とフェラーリ加入について私の部屋で3時間話をした」とジャン・トッドは語った。

「1993年9月のモンツァの段階で彼はフェラーリ加入に非常に興味を持っていた」

「だが、彼は1994年の加入を望んだ。そして、我々は1994年にジャン(アレジ)と(ゲルハルト)ベルガーという2人のドライバーと契約を結んでいた」

「私が『我々には2人のドライバーがいる』と言うと、彼は『でも、F1では契約は重要ではない』と言った。そして、私は彼に『私にとって契約は重要だ』と伝えた」

その後、F1ポルトガルGP後にアラン・プロストは現役引退を発表し、アイルトン・セナは1994年にウィリアムズに加入。そして、第3戦のイモラで悲劇的な死を遂げることになった。

当時、フェラーリの会長を務めていたルカ・ディ・モンテゼーモロは、アイルトン・セナはフェラーリでF1キャリアを終えていたと確信していると語る。

「私はずっとアイルトンのレーシングスタイルを好んでいた。すべての偉大なチャンピオンたちと同様に、彼は勝利のために信じられないほどの意思を持っており、絶えず完璧を求め、常に改善を試みていた。彼は予選で並外れていたが、レースでも常に素晴らしいバトラーであり、あらゆる手段を尽くして戦っていた」

「彼はフェラーリに加入することを望んでいたし、私も彼をチームに入れたかった。彼がサンマリノGPでイタリアに来た4月27日(水)に我々はボローニャの私の自宅で会った。彼はドライビングのための電子補助の過度な使用に対して我々がとったスタンスに本当に感謝していると私に話した。それはドライバーのスキルを輝かせることはできないとね」

「我々は長い間話をした。彼はキャリアをフェラーリで終えたいと私に明かした。数年前にも我々は加入に近づいていた。我々は彼の契約上の義務をどのように克服できるかを確認して、すぐにまた会うことを約束した」

「双方ともにフェラーリが輝かしくユニークでさえあった彼のキャリアをさらに進めるための理想的な場所だということで合意していた」

「残念なことに、運命はF1史上最も悲しい週末のひとつにアイルトンとローランド・ラッツェンバーガーを我々全員から奪った。セナの優しさ、誠実さ、シャイな性格を覚えている。それは常にベストを目指していたドライバー、ファイターとしてのセナとは正反対だった」

アイルトン・セナのかつてのチームメイトであるゲルハルト・ベルガーも、セナはフェラーリでF1キャリアを終えていたと確信していると語る。

「彼の夢はずっとフェラーリに行くことだった。彼はいつも『ゲルハルト、僕はいつかフェラーリに行きたい。僕は自分が結果を出せるとわかっているけど、彼らが十分に良い瞬間を見たことがないんだ』と言っていたよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アイルトン・セナ / フェラーリ