レッドブルF1陣営さえも! ランド・ノリスへのペナルティに非難集中 / F1オーストリアGP 決勝
2021年のF1オーストリアGPでのランド・ノリス(マクラーレン)への5秒加算ペナルティに非難が集中している。

F1オーストリアGPでランド・ノリスはメルセデスF1勢に割って入って4位でフィニッシュした。しかし、セルジオ・ペレスとのインシデントに5秒ペナルティを科せられることがなければ、おそらく2位でフィニッシュできていた。

また、このインシデントにはスーパーライセンスにペナルティポイントが加算され、ランド・ノリスは合計10ポイントに達した。あと2ポイントでノリスは強制的に1レースの出場停止となる。

被害者側であるセルジオ・ペレスの上司であるレッドブルF1のモータースポーツアドバイアーを務めるヘルムート・マルコでさえ、スチュワードが下した裁定は間違いだったと考えている。

「彼らは世界で最高のドライバーであり、我々は彼らがレースをするのを見たいと思っている」とヘルムート・マルコは語った。

「ノリスもセルジオもこのような介入を必要としていなかった」

ヘルムート・マルコのタイトル争いの敵であるメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフでさえ、「ランドのプレーはノーマルなものだった。 明らかにペナルティに値するものではなかった」

ランド・ノリスは、過度に危険ではないインシデントの蓄積によってドライバーを出場停止することは適切ではないと同意する。

「今日、誰かがグラベルに出ていってペナルティポイントを与えるられるのはなぜですか?」とランド・ノリスは語った。

「彼自身の過失だった。僕は彼に接触したわけではない。ノーマルなレースだった」

「セルジオは、アウトサイドにいれば、ある時点でスペースが足りなくなって、グラベルトラップに陥ることを知っているはずだ」

「問題は、彼がオーバーテイクの動きを適切に行わなかったことだった」

「僕がやったことは危険なことではない。僕の意見では、このような小さなことでポイントが積み重なってレースが禁止されるのは馬鹿げている。F1があるべき姿ではない」

セルジオ・ペレスのレッドブルF1のチームメイトであるマックスフェルスタッペンも、ランド・ノリスのペナルティが「正しくない」ことに同意する。

「僕もその立場にいたことがある。僕は9ポイントだった。僕たちはそれを検討するべきだ」とマックス・フェルスタッペンは述べた。

それでも、F1レースディレクターのマイケル・マシはスチュワードの決定を擁護した。

「彼らは、マシンが完全に並んでおり、ノリスはコース上で相手にマシンのボディと同じ幅スペースに残さなければならないと感じた」とマイケル・マシは語った。

「ペナルティポイント制度が長い間実施されてきたことにも注意する必要がある。昨年末にこの問題について全員と話し合い、すべてのチームが現在のシステムに同意した」

しかし、ランド・ノリスのボスであるマクラーレンF1のチーム代表アンドレアス・ザイドルは、マイケル・マシがモーターレースの基本的な信条を忘れていると考えている。

「マイケルでさえ、カートでアウトサイドを攻撃するとグラベルに出てしまう可能性があることを学ぶことに同意すると思う」とアンドレアス・ザイドルは語った。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1オーストリアGP / マクラーレン / ランド・ノリス