アウディの2021年12月のF1情報を一覧表示します。

アウディ 「来年初めにF1エントリーを確認するのを楽しみにしている」

2021年12月22日
アウディ 「来年初めにF1エントリーを確認するのを楽しみにしている」
アウディが、F1のCEOであるステファノ・ドメニカリと前FIA会長に宛てた手紙をAutocar が公開。「来年初めにF1エントリーを確認することを楽しみにしている」との文面で締められている。

先週、FIAモータースポーツ評議会は、2026年の次世代F1エンジンの枠組みを発表。現在の1.6リッター V6ターボエンジンという形式は維持されるものの、複雑なMGU-Hは廃止され、電気出力が350kWに増加される。また、パワーユニット開発にもコスト上限が設けられる

アウディ、F1参戦の意向をFIAに文書で通達との報道

2021年12月21日
アウディ、F1参戦の意向をFIAに文書で通達との報道
アウディは、2022年初めにF1参戦の計画を発表する予定であり、F1とFIA(国際自動車連盟)にその以降を文書で伝えたとRaceFansが報じている。

アウディの取締役会会長であるマルクス ドゥスマンと技術開発員会のメンバーであるオリバー・ホフマンは、FIAが2026年のパワーユニットの新しい技術規制で達成した進歩にメーカーが満足していることを示したとしている。

ロス・ブラウン 「アウディ/ポルシェはF1の持続可能性の推進に関心」

2021年12月8日
ロス・ブラウン 「アウディ/ポルシェはF1の持続可能性の推進に関心」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1の持続可能性への探求、世界の環境問題に関する将来の関連性が、アウディとポルシェの両方がF1に参戦することへの関心を生み出す上で重要であると述べた。

F1の利害関係者は、2025年または2026年からF1を前進させるエンジンプラットフォームをまだ定義していない。

F1代表 「VWがF1参戦してドイツのF1人気が再熱することを願う」

2021年12月2日
F1代表 「VWがF1参戦してドイツのF1人気が再熱することを願う」
F1は、グランプリ主催者とより多くの契約を結ぶためにレース開催にローテンションスキームを導入する可能性がある。

2022年にF1は23戦を予定しているが、F1チームはすでにカレンダーは負担の限界にあると主張している。だが、それを回避する一つの方法として、各年で主催地にローテションシステムを導入して、より多くのレース契約を結ぶという方法が検討されている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム