アストンマーティンF1、アロンソ獲得のためにベッテルに決断を迫った?
セバスチャン・ベッテルのF1引退発表は、アストンマーティンF1がすでに“数週間”にわたってフェルナンド・アロンソと交渉して手ごたえを得たチームが、夏休み前に決定を下すことを“要求”したことでF1ハンガリーGPの週末に発表されるに至ったとAuto Motor und Sportは伝えている。

セバスチャン・ベッテルは先週木曜日、2022年がF1での最後のシーズンになると発表し、パドックの多くの人々を驚かせた。

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、セバスチャン・ベッテルが継続しないことを選択した場合の「プランB」は考えていないと述べていたため、この決定にはチームも驚かされたと考えられていた。

だが、その4日後、アストンマーティンF1は、フェルナンド・アロンソが複数年契約で2023年に加入することを発表している。

Auto Motor und Sportによると、アストンマーティンF1がセバスチャン・ベッテルに迅速な決断を迫ったのは、そのプランBを念頭に置いていたとしている。

尊敬されるF1ジャーナリストであるトビアス・グルナーによると、「チームとドライバー (アロンソ) の間の交渉はここ数週間で明らかに行われていた」と伝えた。

アストンマーティンF1は、将来のWECでのシートを約束した1年契約をオファーしていたアルピーヌF1チームより前にフェルナンド・アロンソとの契約を確保することに熱心であり、夏休み前にセバスチャン・ベッテルに決定を下すように圧力をかけたという。

「それがアストンマーティンが最近、夏休み前に彼の将来について決定を下すようベッテルに要請した理由だ」とトビアス・グルナーは語った。

「チームオーナーのローレンス・ストロールは、土曜日にハンガリーのアストンマーティンのモーターホームでアロンソと会った」

アストンマーティンF1は、月曜日の早朝にフェルナンド・アロンソとの契約を発表したが、アルピーヌF1チームはこの決定に気付かなかったようだ。

フェルナンド・アロンソとアルピーンのCEOであるローラン・ロッシは延長期間で対立していたと言われている。アロンソ川は2年契約と3年目のオプションを望んでいたが、ロッシは2024年にオスカー・ピアストリのためのシートを空けておくために1年契約だけを望んだとされている。

The Race のエド・ストローによると、アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソとの交渉ですべてのカードを保持していると信じていたという。

「しかし」とエド・ストローは言った。「ベッテルの引退により、チェス盤は再構成された。突然、アロンソには実行可能な代替手段が現れた」

「確かに勝利までのタイムラインがさらに長くなる可能性があり、アロンソのような素晴らしい競技者でさえ、待ち受けている衰退と完全に互換性はないかもしれない。だが、十分に支払うことができる人は、貢献に関して、F1の最前線への長旅において、彼が期待するように彼を評価できる」

「アロンソはアルピーヌとの長期契約が提示されていれば、間違いなくそれを受け入れていただろう。チームには、それが正しい動きだと感じた上級職の人がいたと理解されている」

「しかし、ロッシは、アロンソが黙認するだろうと仮定して、あるいはチームよりも大きいドライバーはいないという根拠に基づいて、彼が同意しなかったとしても気にしないという前提で、断固として主張を曲げなかった」

「どちらもアロンソには耐えられなかったのだろう。その結果がこれだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / フェルナンド・アロンソ / セバスチャン・ベッテル