アストンマーティンF1代表 「セバスチャン・ベッテルの長期残留を望む」
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、セバスチャン・ベッテルと既存の契約を延長することについての話し合いに先立って、チームに長期滞在することを望んでいると語った。

4回のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルは、2021年シーズンに先立ってアストンマーティンF1に加わったが、彼の既存の契約は現在のシーズンの終わりに失効する。

セバスチャン・ベッテルは、将来について決定を急ぐことはなく、以前に夏の間に続けるかどうかについて判断することを示唆していた。

セバスチャン・ベッテルの将来は、特にフロントランニングチームの大多数がすでにラインナップを整えているため、2023年のドライバーマーケットのシリーシーズンのキーストーリーになると考えられている。

だが、先週末のF1カナダGPでのスピーチで、チーム代表のマイク・クラックのスタンスに変化はなく、アストンマーティンF1はベッテルをプロジェクトの一部として長期的に維持したいと考えていることを確認した。

「彼が継続したいのであれば、我々は彼に長く滞在してもらいたいということを常に明確にしてきた」とマイク・クラックは語った。

「我々は話している。我々は非常に良好な関係を築いており、お互いに期限を設定する必要があるわけではない」

「もちろん、それを長く引き伸ばしすぎれは、ある時点で我々も問題にぶつかることになる。彼はそれを認識してい

「しかし、我々が行っている議論は非常に信頼できるものだ。その観点からすると、すべてが問題ない」

新型コロナウイルスに感染したことで、2022年シーズンの開幕2戦の欠場を余儀なくされたセバスチャン・ベッテルは、イモラでシーズン初ポイントを獲得し、アゼルバイジャンでシーズンベストの6位フィニッシュを達成している。

4月に、セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1が翌月スペインで大幅なアップグレードを行ったAMR22車との闘いにどのように対応するかにかかっていると語った。

車のコンセプトの変更により、アストンマーティンF1はセットアップウィンドウを広げ、モナコとアゼルバイジャンでの連戦でセバスチャン・ベッテルがポイントを獲得するという形で上昇をもたらした。

来週末のF1イギリスGPでは、さらなるアップグレードが計画されている。マイク・クラックは、チームが進歩していることをセバスチャン・ベッテルにさらに証明するためにその機会を熱心に使用したいと考えている。

「我々は常に車を改良したいと言ってきた。バルセロナは最初のステップだったと思う」とマイク・クラックは語った。

「私は彼に別のステップを示したいと思っている。そうすれば、我々は話すことができる。そうすれば、継続したいという彼の願望は少し良くなるだろう」

セバスチャン・ベッテルがどうするかについて直感を持っているかどうか質問されたマイク・クラックは「感情について話すべきではない。失望する可能性がある!」と語った。

「ここで行ったことを分析し、シルバーストンのために一生懸命働き、我々がどこにいるのかを見て、それから話し合う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル