アストンマーティンF1代表 「レッドブルの調査は何にもつながらない」
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、レッドブルによるAMR22の調査が何かにつながるとは思っていないと語る。

アストンマーティンF1のトップの仕事を引き継いで以来、マイク・クラックはかなりの課題に直面している。今季のチームの期待はずれなパフォーマンスを好転させようとしているなかで、最近のアップデートによっては著作権の問題に直面した。

チームがスペイングランプリで大幅にアップグレードしたAMR22を登場させると、パドック内外からレッドブルRB18に酷似しているとの疑惑を呼んだ。マシンは“グリーン・メルセデス”と揶揄されている。

しかし、アストンマーティンF1は、レッドブル・レーシングから数名のスタッフを引き抜いているが、チームはルールを破ってはおらず、2台目のバージョンは長い間開発されていたと主張している。

この問題はFIA(国際自動車連盟)によってクリアされたが、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムートマルコはアストンマーティンがチームのデータをダウンロードした証拠があると主張し、調査を継続している。

しかし、マイク・クラックはそれ以上何かが起こるとは予想しておらず、彼の意見では、問題は終わったとしている。

「正直なところ、これ以上何も予想していない。我々は自分たちのことに集中するつもりだ」とマイク・クラックはReutersに語った。

「彼らの調査が何かにつながることはないと思うし、彼らはチャンピオンシップの戦いに集中すると思う」

「我々は何も悪いことをしていないので、あまり心配はしていない」

アストンマーティンF1は、新車のポテンシャルは前モデルよりも高いと期待しており、マイク・クラックはシーズンの軌道を変えることができると確信していると語る。

「シーズンの3分の1さえ終わっていない。我々はまだ数学的にワールドチャンピオンになることができる」とマイク・クラックは冗談で語る。

「我々は諦めていない。シーズンを見限るにはまだほど遠い」

「我々には優秀な人材がいる。コンセプトを変更することで最初の一歩を踏み出した。これは、チームがどれだけうまく分析して対応できるかを示している。方向を変えたことをそれほど誇りに思ってはいない」

「今の位置でシーズンを終えたら驚くだろう」

ランス・ストロールも車の将来について楽観的であり、「開発の機会が増えた」と述べている。

「変更されたAMR22を使用すると、以前のバージョンよりも多くの機会があると思る」とランス・ストロールは語った。

「ローンチバージョンでは、イモラやマイアミなどの一部のレースで競争力があった。実際、フロリダではQ3とポイントを獲得した」

「しかし、先週末のバルセロナではこの車に本当に苦労した。だから、僕たちがうまくいくかどうかはトラック性質によると思います。おそらく僕たちはまだ高速トラックで作業する必要がある、僕たちはそのタイプのトラックでは弱い。カーブ、速いコーナーでね」

「一方、低速コーナーでは、車の競争力がはるかに高いように見える。この新しいデザイン哲学のおかげで、低速コーナーと高速コーナーの両方で車をさらに発展させる機会があると思る。これは非常にポジティブだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / レッドブル