アストンマーティンF1、ミック・シューマッハ起用の噂を否定
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、セバスチャン・ベッテルの後任としてミック・シューマッハが加入するとの噂を否定。ベッテルが2023年もチームに残留することに「非常に自信を持っている」と語る。

アストンマーティンF1の進歩の欠如とセバスチャン・ベッテルの潜在的なモチベーションの低下を考慮して、フェルナンド・アロンソやオスカー・ピアストリなどのドライバーがベッテルとリンクしている。

しかし、アストンマーティンF1のチーム代表であるマイク・クラックは、34歳のセバスチャン・ベッテルがヘルメットを脱ぐ兆候は見られないと語る。

「デブリーフィングや電話での彼、彼が関与する方法を見れば、運転したくないと思っているドライバーには見えないだろう」とマイク・クラッシュはn-tvに語った。

「運転したくない人は誰もそのように行動しない」

マイク・クラックは、モナコでのセバスチャン・ベッテルはその完璧な例だったと語る。。

「1周目以降は最高のパフォーマンスだった」とマイク・クラックは語り、2022年の残りのアストンマーティンF1の目標はセバスチャン・ベッテルが「彼の才能を発揮できる」コンディションを作り出すことだと付け加えた。

また、マイク・クラッシュは、セバスチャン・ベッテルが新しい契約に署名するために必要な期限はないと語る。

「セバスチャンのような人がいるときは、彼をキープしようとしなければならない」と同じドイツ出身のマイク・クラックは語った。

「最高のドライビングクオリティ、経験、そして、我々の進歩を助ける非常に前向きな人柄のミックスだ」

マイク・クラックは、アストンマーティンF1がセバスチャン・ベッテルを説得するために車とチームをより良くすることに取り組んでいるとし、「我々が彼を押す必要はない」と語った。

また、マイク・クラッシュは、ミック・シューマッハがセバスチャン・ベッテルの後継者になる可能性があるという噂を否定しているようだった。

ミック・シューマッハの噂について質問されたマイク・クラックは「我々は明らかにセバスチャンを継続したいと思っている」と語った。

「他のすべてについては後日発表する」

だが、アストンマーティンF1は、現在「苦労している」ミック・シューマッハを含むすべてのF1ドライバーに目を向けていると語る。

「しかし、彼のチームと環境の詳細について判断するのに十分な知識はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル / ミック・シューマッハ