アストンマーティンF1 「メルセデスをクローン化した経験は2022年に役立つ」
アストンマーティンF1のテクニカルオフィサーを務めるアンドリュー・グリーンは、2020年にメルセデスF1をクローン化するという決定は、2022年にチームを“間違いなく”助けるだろうと語る。

レーシング・ポイントとして活動していた時期、チームは、2020年F1マシンのデザインにおいて、前年にタイトルを獲得したメルセデスW09のデザインをコピー。グリッドで3番目に最速のマシンであることが多く、1勝と3回の表彰台を獲得してランキング4位でシーズンを終えた。

アンドリュー・グリーンは、メルセデスF1をコピーしたことがチームの目を開かせたと考えており、2022年に自分たちのF1マシンを開発することにおいて、確実に助けになったと考えている。

「それは間違いなく、新しい働き方、つまり、新しいコンセプト、新しいアイデアに我々の目を開かせました」とアンドリュー・グリーンはThe Raceに語った。

「その考えは、2021年マシンに関してはある程度だったが、2022年F1マシンに関しては間違いなく徹底的に従うことができた」

当時、レーシング・ポイントのマシンは“ピンクメルセデス”と強く批判され、多くのF1チームがコピーを不正行為だとし、ルノーはデザインに抗議し、開発中にノン・リステッド・パーツからリストテッド・パーツに移動したブレーキダクトが違法と判断され、15ポイントを剥奪されるとともに、40万ユーロ(約5000万円)の罰金を科された。

だが、アンドリュー・グリーン、彼らが何も悪いことをしなかったと断固として主張。別のデザインを複製しようとすることは彼らにとって簡単な選択肢とはほど遠いものであり、膨大な量の作業とスキルを必要としたと述べた。そして、ライバルの怒りは、彼らがそのような仕事を成功させた方法から生じたと考えている。

「我々がやったことは、マシンを調べて、なぜそのマシンが他の誰よりも大幅に速いのかを解明することだった」とアンドリュー・グリーンは付け加えた。

「我々は自分たちでそれを学んだ。それを行うための近道はない。それはコピーではなく、答えが何であるかを大まかに把握できるソリューションを開発しているが、それでもそこに到達する必要があり、理解するには多くの開発と多くの作業が必要だ」

「正しい答えであると信じているその方向性がが、かけ離れたものいなることもあり、ある意味でそれはさらに困難だ。チームはその背後にある哲学を理解する上で素晴らしい仕事をしたと思う」

「グリッドの上下に見れば、他の多くのチームが同じ哲学を採用している。彼らは昨年私たちがしたことをした。そし、て彼らは最速のマシンの哲学を採用し、それを彼ら自身のものとして開発した」

「それは新しいコンセプトではない。我々はかなり良い仕事をしたと思うし、他チームは我々がかなり良い仕事をしたことに少し腹を立て、みんながそれに夢中になっただけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン