マーティン・ウィットマーシュ、F1アメリカGPでアストンマーティンに帯同
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、マーティン・ウィットマーシュが、F1アメリカGPでチームウエアを着て初登場する可能性が高いことを確認した。

アストンマーティンは、9月に新しいパフォーマンステクノロジー部門のグループ最高経営責任者にマーティン・ウィットマーシュに任命したことを発表した。

マーティン・ウィットマーシュの仕事内容は「ブランドのF1活動を統括し、グループの技術力と知的財産を開発、適用、市場に投入し、主要な産業セクターのさまざまな分野でクラス最高のイノベーション、エンジニアリング、テスト、製造サービスを提供することを目指す」と説明荒れている。

2014年にマクラーレンF1を去って以来、これはF1でのマーティン・ウィットマーシュの最初の役割になる。

「マーティンは金曜日(10月1日)に到着したので、ここに来る前に彼がそこにいたのはほんの数日だけだった」とオトマー・サフナウアーはF1トルコGPで語った。

「我々はこれらのことを成し遂げるために自分たちの道を進んでいる。彼は雇われたチームと他のいくつかの戦略的なことを知ってきている」

「チームでは多くのことが起こっている。マーティンを歓迎している。彼は自分の経験で手伝うことができる。現在、新しいファクトリーを建設中だ。たとえば、新しい風洞を建設中だ。レースをしているときでも、拠点では多くのことが起こっているので、彼の経験を得られるのは素晴らしいことだ」

オトマー・サフナウアーは、マーティン・ウィットマーシュが2021年にF1アメリカGPに参加することを期待していると語る。

「彼はグループCEOであり、定義では、より大きく、広い役割があることを意味する。彼はいくつかのレースに来るだろう。彼はオースティンに来て、今年はもう1レース、来年は数レースに来ることになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン