アストンマーティンF1、セバスチャン・ベッテルとの亀裂を否定
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、チームとセバスチャン・ベッテルの間の亀裂が契約交渉を遅らせるとの噂を否定した。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリでの6年間のシーズンを終えて、2021年にアストンマーティンF1に加入した。

2021年からレーシング・ポイントから新たにアストンマーティンの名前を掲げることになったチームは、セバスチャン・ベッテルのレベルのドライバーによってタイトル獲得という将来に目標に向けてチームを前進させたいと考えていた。

契約には2022年までの延長オプションが含まれているが、現時点では、セバスチャン・ベッテルはまだサインしていない。

アストンマーティンF1は、一貫して延長の発表はまもなくだとしているが、公式の言葉はまだない。そして、セバスチャン・ベッテルとチームとの間に亀裂が生じているとの噂が持ち上がった。

しかし、オトマー・サフナウアーは「絶対に100%ナンセンスだ」と The Race に語った。

「摩擦はまったくない。彼に聞いてみれば、彼はここにいることを絶対に愛していると言うと確信している」

「いくつかの細部を解決することの問題だ」

セバスチャン・ベッテルとの仕事上の関係について尋ねられたオトマー・サフナウアーは「ワンダフルだと言える。彼は素晴らしい個人で、本当に一生懸命働き、非常に経験豊富で、本当にいい人だ」

「我々は本当に彼のことが好きだし、彼は我々のことを好きだ。現在、詳細な議論を行っている」

「そして、来週から10日以内に、何かを発表できるようになるだろう」

アストンマーティンF1は、セバスチャン・ベッテルのサービスを維持することに非常に自信を持っており、オトマー・サフナウアーによると「プランB」はない。

「我々の心に何らかの疑問があれば、7月に他のすべての人々が『ウィリアムズに行くべきか、アルファロメオに行くべきか』と考えていたとき、我々はそのような会話をしていただろう」とオトマー・サフナウアーは続けた。

「だが、我々はしなかった」

突如、アストンマーティンF1の獲得リストに挙げられたダニエル・リカルド突如、アストンマーティンF1の獲得リストに挙げられたダニエル・リカルド

F1イタリアGPの週末には、ダニエル・リカルドがセバスチャン・ベッテルの後任としてアストンマーティンF1の候補リストに挙げられていると噂されたが、 Sky Italia はその噂を沈めた。

「マクラーレンのボス、アンドレアス・ザイドルは、リカルドはいずれにしろ獲得できないと否定している」と Sky Italia はダニエル・リカルドが勝利したF1イタリアGPから報告した。

セバスチャン・ベッテル自身は、契約について話すべきではないと彼の契約にあるとモンツァで語り、状況についてほとんど明かさなかった。

「実際に追加することはあまりない。一般的に、僕は契約についてあまり話したことがないと思う」とセバスチャン・ベッテルは語った。

「契約でそれについて話さないようにとも謳われているので、これ以上の洞察を与えることができないのではないかと心配している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル