アストンマーティンF1、セバスチャン・ベッテルの加入を除外
レーシング・ポイントF1チームは、アストンマーティンのワークスチームに移行する2021年に新たなドライバーと契約する計画はないとして、噂されているセバスチャン・ベッテルの加入を除外した。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りでフェラーリF1からの離脱を決定。まだ2021年の活動は不確実となっており、ブランド変更後のアストンマーティンへの移籍を待望する声もある。

しかし、チームはセルジオ・ペレスと2022年まで契約を結んでおり、ランス・ストロールのシートも父親であるローレンス・ストロールがチームを所有していることで今後数年間は安泰だと考えられている。

レーシング・ポイントF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、アストンマーティンへのチーム名変更以外に“見出し”になるものはないと語る。

「この数週間のドライバー市場が興味深いものだったのは確かだ。いくつかの見出しがその動きから出てきている」とオトマー・サフナウアーは語る。

「それはファンを楽しませ、メディアを忙しくさせていると思う。だが、我々の観点でいえば、来シーズンの見出しはコックピット内の名前ではなく、ファクトリーのドアの上の名前だ」

2020年のF1世界選手権は新型コロナウイルスの影響で開幕が大幅に遅れていたが、F1は7月5日にオーストラリアGPではじまり、10週間でヨーローパで8戦が行われる前半戦のスケジュールを発表した。

7月5日から9月6日までグランプリのない週末は2週間しかないが、オトマー・サフナウアーは、チームは過密スケジュールに挑むことができると信じていると語る。

「我々全員にとって激しい数ヶ月になるだろう」とオトマー・サフナウアーは語る。

「しかし、このカレンダーには、チーム、F1、FIA、サーキットオーナーなど、関連するすべての利害関係者から多くの考えが詰め込まれている」

「我々全員が提案された計画は管理可能だと同意しているし、我々のチームはその挑戦をチームを味わうことに同意している。最終的に我々全員がレーサーだ。これが我々の情熱であり、それを取り戻すことに興奮している」

「過去3か月間にすべての利害関係者が我々をレースに戻すために行ってきた仕事を称賛する」と彼は付け加えました。

「安全が最優先事項であり、我々全員は責任を持ってレーストラックへの復帰を扱っていく。スタンドにファンがいなので同じではないことは明らかだ。彼らの熱意とサポートを恋しく思うだろう。だが、クローズドでシーズンを始めるのは完全に理にかなっている」

「オーストリアでレースをすることは、BWTによって国との繋がりを与えられているチームとして特にポジティブなことであり、我々はそれをとても楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル / レーシングポイント