2016年10月のF1情報を一覧表示します。

セバスチャン・ベッテルの暴言に「チャンピオンに相応しくない」

2016年10月31日
セバスチャン・ベッテル
セバスチャン・ベッテルをレッドブルのドライバー育成プログラム時代に指導してきたヘルムート・マルコは、F1メキシコGPの決勝レースでのベッテルの無線での暴言を“4度のワールドチャンピオンに相応しくない”と語った。

過去にレッドブルで4度のワールドチャンピオンを獲得し、今はフェラーリに所属するセバスチャンベッテルは、レース終盤でマックス・フェルスタッペンの後ろに引っかかっていた。

フェルナンド・アロンソ 「シーズンを終えて休暇に入るのが待ち遠しい」

2016年10月31日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、今シーズンの内容に決して満足していない。

今年、マクラーレンは、新たにホンダとのパートナーシップを再開した2015年よりもはるかに良いシーズンを過ごしている。

それでも、フェルナンド・アロンソは明らかにフラストレーションを抱いているようだ。

【動画】 2016 F1メキシコGP 決勝レース ハイライト

2016年10月31日
F1 メキシコ 決勝 動画
2016 F1 第19戦 メキシコGPの決勝レースが30日(日)、メキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで行われた。

レースは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が2戦連続となるポール・トゥ・ウィン。メキシコで初優勝を果たし、通算勝利数でアラン・プロストに並ぶ歴代2位タイの51勝目を挙げた。2位にもニコ・ロズベルグが続き、メルセデスが1-2フィニッシュ。二人のポイント差は19ポイントに縮まった。

フォルクスワーゲン、WRC撤退の可能性

2016年10月31日
フォルクスワーゲン WRC 撤退
フォルクスワーゲンが、WRCから撤退する可能性が報じられている。

先週、同じグループであるアウディがWECからの撤退を発表してモータースポーツ界に衝撃を与えた。

フォルクスワーゲンは、昨日のウェールズでWRCタイトルを4連覇したが、本日ヴォルクスブルグで開かれるグループの取締役会でその将来が議論されると Autosport は報道。

小林可夢偉 「悔いの残るシーズン、ファンのみなさんに申し訳ない」

2016年10月31日
小林可夢偉
小林可夢偉は、スーパーフォーミュラ 最終戦 鈴鹿のレース2で今季初入賞となる7位入賞。1ポイントを獲得してシーズンを終えた。

予選。小林可夢偉はQ1の最終局面におけるタイムアップ応酬の状況下、1分38秒484をマークしたが、これは他車の影響を受けたタイム。「1分37秒9くらいは出せたはず」とは脇阪ヘッドコーチは分析する。

F1 メキシコGP 決勝:トップ10ドライバーコメント

2016年10月31日
2016 F1 メキシコ 決勝
FORMULA 1 GRAN PREMIO DE MÉXICO 2016

マクラーレン・ホンダ:為す術なくノーポイント / F1メキシコGP

2016年10月31日
マクラーレン・ホンダ F1 メキシコGP 結果
マクラーレン・ホンダは、F1メキシコGPの決勝レースで、ジェンソン・バトンが12位、フェルナンド・アロンソが13位だった。

ジェンソン・バトン (12位)
「1ストップ戦略を採用したが、僕たちだけでなく、みんなにとっての問題は、オーバーテイクができないということだった。バックアップタイヤを装着していたスティントの最初の30周は、ほかのマシンの後方でトラフィックに引っかかり、ずいぶん時間をロスした」

【動画】 スーパーフォーミュラ 最終戦 鈴鹿 決勝レース ダイジェスト

2016年10月31日
スーパーフォーミュラ 最終戦 鈴鹿 動画
2016年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 最終戦 第15回JAFグランプリの決勝レースが30日(日)、鈴鹿サーキットで行われた。

2レース制で行われる最終戦。ピット義務なしの19周のスプリントレースで行われたレース1では、国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が優勝してランキング首位に浮上。

レッドブル:ダニエル・リカルドの選手権3位が確定 / F1メキシコGP

2016年10月31日
レッドブル F1 メキシコGP 結果
レッドブルは、F1メキシコGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが3位、マックス・フェルスタッペンが4位だった。

ダニエル・リカルド (3位)
「もちろんポイントを獲得できて嬉しい。これで僕はドライバーズ選手権で3位になることが決定した。この1年を誇りに思う。表彰台に上がって楽しめたら良かったけど、今日はそういう状況だったということだ」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 60 | 61 | 62 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム