アントニオ・ジョビナッツィ、ドラゴンからフォーミュラE参戦を発表
“元”アルファロメオF1となることが決定したアンドニオ・ジョビナッツィが、2022年にドラゴン・ペンスキーからフォーミュラEに参戦することが発表された。

アルファロメオF1で3シーズンを過ごしたアントニオ・ジョビナッツィは、2022年に中国人ドライバーの周冠宇と交代となり、チームを去ることが11月16日に発表された。

その数時間後、アントニオ・ジョビナッツィは、2021/22シーズンにフォーミュラEにドラゴン・ペンスキーから参戦することが発表された。

アントニオ・ジョビナッツィは、ドラゴン・ペンスキーで2シーズン目となるセルジオ・セッテ・カマラとチームを組む。

アントニオ・ジョビナッツィは「来年はF1に出場しないことが公表されてすぐに、フォーミュラE世界選手権に参加することを決断した。いつもフォローしているカテゴリーだ。3年前にテストしたこのオールエレクトリックレーシングシリーズのDRAGON / PENSKEAUTOSPORTに参加できることに興奮している」

「すぐに僕の加入に大きな関心を示してくれたジェイ・ペンスキーに感謝している。月末にバレンシアで新しい電動シングルシーターをテストするのが待ちきれない。私たちの前にはエキサイティングなシーズンが待っている。チームの成功を支援するために最大限の努力をしていく」

チームのボス兼オーナーのジェイ・ペンスキーは「アントニオは世界で最も才能のあるドライバーの1人であり、彼がこのチームに加わったことを非常に誇りに思っている」とコメント。

「アントニオとセルジオと共に、私たちは今、シリーズで最も強力だと信じているレースラインナップを手に入れることができて私は幸運だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / フォーミュラE / アルファロメオ・レーシング