アルピーヌF1、ピエール・ガスリーとの2年契約を火曜日にも発表との報道
アルピーヌF1は、ピエール・ガスリーとの2023年の契約を今週火曜日にも発表するとSpeedcafe.comが報じている。

フェルナンド・アロンソが退団し、オスカー・ピアストリに拒否されたアルファタウリF1チームは、長い間、ピエール・ガスリーに求愛してきたが、移籍はスクーデリア・ アルファタウリが適切な後任と契約することを前提としていた。

ピエール・ガスリーは、レッドブルと2023年シーズンのアルファタウリでのドライブについて契約を結んでいるが、アルピーヌF1チームへの移籍では8桁の買収額が交渉されたという。Ziggo SportはアルピーヌF1チームとガスリーの契約は2年契約だと伝えている。

ピエール・ガスリーは、F1シンガポールGPの週末にはアルピーヌF1チームとの交渉の進捗についてほとんど口を割らなかった。

「誰もが現在進行中の会話と議論があることを知っている」とピエール・ガスリーは語った。

「僕サイドでは、今後2~3週間で、将来について明確な答えが得られることを願っている」

「でも、今のところ何も変わっていません。私の将来について何かが確認されたら、皆さんはそれを知っていると確信している」

マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの両方が少なくとも2024年末まで契約を結んでおり、26歳のピエール・ガスリーがすぐに昇格する可能性がないことを考えると、アルピーヌF1チームへの移籍は理にかなっている。

ピエール・ガスリーは2023年にエステバン・オコンに加わり、激しいパートナーシップになると予想されている。

また、間近に迫ったピエール・ガスリーの発表は、スクーデリア・アルファタウリが後任を確保したに違いないことを意味する。

Ziggo Sportは、レッドブルは、ニック・デ・フリースとのスクーデリア・アルファタウリのドライブについて2年契約を締結したと伝えている。

当初、コルトン・ハータが好まれた選択肢だったが、F1スーパー ライセンスは発給されなかった。

代わりに、レッドブルはニック・デ・フリースに注意を向けた。オランダ人ドライバーは、イタリアGPでアレックス・アルボンの代役を務めた際に感銘を与え、シーズンの終わりにメルセデスとの契約が切れることになっている。

予想されるピエール・ガスリーのアルピーヌF1チームへの移籍が確定したことで、論理的にはニック・デ・フリースがスクーデリア・アルファタウリへ移籍し、空席はハースとウィリアムズだけとなる。

ハースF1チームのケースでは、ミック・シューマッハで継続する可能性もあるが、ウィリアムズは最近、ニコラス・ラティフィが年末にチームを去ることを発表している。
ニコラス・ラティフィの後任として利用可能なオプションのリストは比較的短い。ニック・デ・フリースがスクーデリア・アルファタウリと契約を結ぶ可能性と、ダニエル・リカルドが契約を結ぶ可能性が低いことを考えると、ローガン・サージェントがチームのリストのトップまたはその近くにいる。

アメリカ人のローガン・サージェンントは、F2で躍進のシーズンを迎えており、すでに独自のジュニア ドライバー プログラムを通じてウィリアムズと緊密な関係を築いている。

シンガポールではローガン・サージェントが、メルセデスのニック・デ・フリースとレッドブルのリアム・ローソンとともにパドックに帯同していた。

したがって、ピエール・ガスリーの承認は、残りのドライバー市場に大きなドミノ効果をもたらすことになる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ピエール・ガスリー