アルピーヌF1 「オスカー・ピアストリの裏切り行為は彼に一生ついて回る」
アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシは、オスカー・ピアストリとのチームの論争の的となっている裏切りのストーリーは、たとえピアストリが次のミハエル・シューマッハのようなドライバーになったとしても一生ついて回ると考えている。

ローラン・ロッシは、来年マクラーレンに加入するというオスカー・ピアストリの決定に憤慨しており、アルピーヌがサポートし、指導し、F1での将来のために育成された若いドライバーに対する信頼に反すると見なしている。

オスカー・ピアストリはエンストンのチームを去り、来年F1デビューを果たすマクラーレンに忠誠を誓うことを選択した。

ローラン・ロッシにとって、21 歳の振る舞いと、忠誠心と誠実さの完全な欠如は、飲み込むのに苦い薬のままだ。

「アロンソが去った後、彼は我々のために運転していただろう」とローラン・ロッシはAuto Motor und Sport に語った.

「マクラーレンと我々はほぼ同じ強さだ。しかし、我々はファクトリーチームだ。それは競争上のアドバンテージだ」

「彼はこのチームで育った。彼は我々のチームの全員を知っている。我々は彼へのコミットメントを示してきた。彼はそのことに少し感謝すべきではないか?」

「オスカーは速く走り、来年結果を出すことができるだろう。しかし、彼が新しいミハエル シューマッハになったとしても、このストーリーは一生彼について回るだろう」

だが、アルピーヌにも過失と勤勉さの欠如があった。適切で隙のない契約でオスカー・ピアストリをロックすることができず、高評価の希望を失った。

しかし、これまでのところローラン・ロッシはアルピーヌの過ちを認めようとはせず、チームとオスカー・ピアストリの関係は何よりもまず両当事者間の信頼と誠実さによって支配されていると主張。ピアストリと彼の経営陣の契約上の不満は、彼の見解では「他の場所を探すための言い訳」にすぎないと切り捨てた。

「オスカーの行動に弁解の余地はない」とローラン・ロッシは語った。

「彼は、契約書の草案が時間通りに提出されなかったことを理由に、彼を養っていた手を切り落とし、我々をもてあそんだ」

「彼が我々から十分な愛情を感じていなかったと言うなら、なぜ我々は可能な限り完全なF1ドライバーになるためのあらゆる機会を彼に提供したのだろうか?」

「これらは空虚な言葉ではなく、行動だった。彼が契約状況が彼にとってあまりにも曖昧だったと主張するなら、彼は我々がウィリアムズとの(ローン)契約をバッグに入れていることを知っていたと私は言うだろう」

「それについて不明確なことは何もなかった。彼はこの言い訳を使って別の場所を探しただけだ」

FIA の契約承認委員会がアルピーヌとの争いを終結させて以来、オスカー・ピアストリは目立たないようにしており、2023年シーズンにコース上で語るのを待っている。

アルピーヌF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ