アルピーヌF1チーム 「ピエール・ガスリーは我々にとって良い候補者」
アルピーヌは、レッドブル/アルファタウリからピエール・ガスリーを引き抜くことに関心があることを公式に認めた。

ピエール・ガスリーは、現在F1パドックで最も話題になっているドライバーの1人であり、2023年にエステバン・オコンとオール・フランスのラインナップを結成ためにアルピーヌF1チームに移籍すると大いに噂されている。

ただし、ピエール・ガスリーは、発表する前に「いくつかのことを整理する必要がある」ことを認めている。

フェルナンド・アロンソの離脱とオスカー・ピアストリによる恥ずかしい拒否に続いて、ピエール・ガスリーはアルピーヌF1チームのリストのトップとなった。

アルファタウリと2023年の契約延長にサインしたにもかかわらず、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート マルコは、ピエール・ガスリーを喜んでリリースすることを明らかにしている。

26歳のピエール・ガスリーは「最前線で戦いたい」という願望を秘密にしておらず、マックス フェルスタッペンとのレッドブル・レーシングで恐ろしい時代の後、懐疑的な人々が間違っていることを証明したいと考えているようだ。

2019シーズンの途中でレッドブルからトロロッソに降格されて以来、ピエール・ガスリーは、2020年のF1イタリアGPでの驚異的な勝利を含む、はるかに高いレベルでパフォーマンスを発揮してきた。

アルピーヌのローラン・ロッシ最高経営責任者(CEO)は、エンストンを拠点とするアルピーヌが「すぐにポイントを獲得できるベテランで効果的なドライバー」と契約することを熱望している。

ローラン・ロッシはピエール・ガスリーのファンであり、ガスリーと契約すればエステバン・オコンと並んでオールフランスのラインナップになるだろう。

「ピエールは非常に優れたドライバーです」とローラン・ロッシは語った。

「彼は私たちにとって良い候補者になるだろう」

ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームとの交渉が行われたという事実を隠していないが、来シーズンに何が起こるかは彼の「コントロール」の範囲外であることを認めている.

アルピーヌF1チームは、F2ドライバーのジャック・ドゥーハン、元アルファロメオドライバーのアントニオ・ジョビナッツィ、メルセデスのリザーブドライバーであるニック・デ・フリースなど、他の有望な候補者にドアを開いたままにしている。ハンガロリンクでの3日間のテストで、3人全員がアルピーヌのテストを受けた。

ただし、ピエール・ガスリーは依然として有力候補だ。

「現時点では、これは僕が制御できることではない」とピエール・ガスリーはモンツァで Sky Sports F1 に語った。

「彼ら(アルファタウリ)はF1での初勝利と、F1での初めてのチャンスを与えてくれた」

「F1での私の野心は最前線で戦うことであり、それが私が望んでいることだ。だから、一生そこにとどまるという意味ではない」

「アルファタウリに加入して5年になる。そこでもう1年やるかどうか見ていくつもりだ。でも、現時点ではそれが計画されている。それが起こった場合、僕はこのチームに110%を捧げる」

「この状況についてもっと話す前に、まず整理しなければならないことがいくつかある。僕の状況では、ポジティブなものしかない。今後数週間で何が起こるか見ていく」
ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍する場合、ニック・デ・フリースが彼の後任候補であり、最近のモンツァでのギリギリのデビューで9位入賞を果たしたオランダ人は、ヘルムート・マルコに会うためにオーストリアに飛んだことを確認している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ピエール・ガスリー