アルピーヌF1チーム代表 「アロンソが移籍してもアストンマーティンには負けない」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソが2023年にアストンマーティンF1に移籍しても、凌駕し続けることができると信じている。

フェルナンド・アロンソは、少なくとも2024年シーズンの終わりまで続く“複数年契約”でアストンマーティンF1に加入するというオファーを受け入れ、アルピーヌF1チームとの契約延長を断った。

今シーズンの夏休みに向けて、アルピーヌF1チームは99ポイントを獲得して4位に位置している一方で、アストンマーティンF1は20ポイントの獲得で9位に沈んでいる。

今年初めまでアストンマーティンF1のチーム代表を務めていたオトマー・サフナウアーは、アルピーヌF1チームが来季以降も前に留まり続けると確信している。

「私は両方のチームをよく知っている」とオトマー・サフナウアーは語った。

「私は他のチームで12年間過ごしたので、ここにいるすべての個人よりもまだよく知っていると思う」

「そして、私が12月に退職して以来、彼らはさらに何人かの人々を雇ったことを知っている。その中には、ダン・ファローズやメルセデスのエリック・ブランディンなど、私が採用の一部だった人もいる。だから、私は彼らが何をしようとしているのか知っている」

「そして、私はそこにいる人々、そして、ここにいるこのチームを知っており、両方のチームが大きな可能性を秘めていることを知っている」

「しかし、今日ここに座っていると、このチームははるかに高いレベルでパフォーマンスを発揮している。未来を予測するのは難しいが、近い将来、このチームはそれ以上ではないにしても、そのレベルでパフォーマンスを続けていくことは間違いない」

アストンマーティンF1が主要な技術者をヘッドハンティングしたことはよく知られているが、オトマー・サフナウアーは、アルピーヌF1チームは独自の拡張を行っていると語る。

「Mountain Climber と呼ばれる社内プログラムがある。これは、このチームの能力を向上させるのに役立つ戦略的分野でさらに75人を雇用することだ」とオトマー・サフナウアーは語った。

「75人の従業員とともに、現在改善中のツール、シミュレーション ツール、新しいシミュレーター、製造能力の拡大、風洞のアップグレードなど、すべて100レース目で勝つことに焦点を当てている」

「これらのことはまだここで起こっており、急速に起こっている。すでに850人のレベルに達している」

「だから、私は、フェルナンドがそこにいる期間に、フェルナンドが行くチームをしのぐことができると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン