アルピーヌF1、信頼性問題の原因は「ECUに電力を供給する電源ボックス」
アルピーヌF1チームは、過去2回のレースウィークエンドでドライバーに影響を与えた信頼性問題の原因を突き止めた。

F1オーストリアグランプリの土曜日のスプリントでは、フェルナンド・アロンソがグリッド上で車がシャットダウンし、レースをスタートできなかった。

当時、アルピーヌF1は、すべてのF1チームが使用する標準の供給コンポーネント(SSC)のECU(エンジンコントロールユニット)の障害だと特定していた。

しかし、アルピーヌF1チームは、今週のエンストンでのさらなる調査の結果、チームは、ECUに電力が供給されていなかったと認識。この問題はチーム側にあると結論付け、標準パーツの問題ではなかったとした。

「その時点ではECUの故障だと思っていた」とアルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは語った。

「我々はそれをファクトリーに持ち帰り、問題を再現することができた。そして、それはECUではなかった。ECUに電力を供給するボックスだった」

「ECUは問題なかったが、ECUに電力を供給する電源ボックスに問題があった。電源が入らない場合、ECUが停止しているように見える。すべての兆候はECUが故障したことあったが、電源ボックスが機能していないことは分からなかった。そして、それはアルピーヌのパートだ」

一方、エステバン・オコンがシルバーストンでリタイアする原因となった燃料ポンプの問題は、レッドブルリンクのスプリントでチェッカーフラッグを受けた後も繰り返されたが、それはボッシュがすべてのF1チームに供給するSSCの高圧ポンプに関連していた。

今シーズン序盤、いくつかのF1チームは標準ポンプ、特にポンプへの電気接続での問題を経験しており、アルピーヌF1チームも同じ修正を行った。

「燃料ポンプの問題は、ダイナモでいくつかの初期の故障があった」とオマー・サフナウアーは説明しました。

「したがって、我々はこれらの問題を自分たちで修正しようとした。ボッシュの標準的な問題はロードカーのパーツであるため、F1のインストールでは機能しなかった」

「いくつかのチームがこの問題を抱えていた。我々とフェラーリは、独自の修正を行うためにFIAから免除を受けた。したがって、ボッシュの問題を解決するために独自のルートを使用した」

「我々自身の修正は最初の9レースでうまくいった。ダイナモでもトラックでも問題はなかった。その後、何かが起こった。おそらく、何らかの理由でいくつかの異なるタイプの負荷が見られた。そして、それらは失敗し始めた」

「ボッシュも当初から改善した。電気接続を改善するために変更を加えた。一部のチームはボッシュの改善を使用し、2つのチームは独自の改善を使用していた」

「我々はフランスのために新しい修正に取り組むと同時に、ボッシュが最初の問題を修正するために最近行ったことを調査している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ