アルピーヌF1、女性ドライバーを支援する「Race(H)er」を立ち上げ
アルピーヌF1チームは、女性ドライバーおよび同社のすべてのセクターで女性を増やすことに専念する「Race(H)er」プログラムの立ち上げを発表した。

アルピーヌF1チームによると、変革プログラムは、スキルと経験が真の「パフォーマンスの差別化要因」である女性のタレントプールを活用することを目的としている。

また、ルノー・グループとしての多様性を高める取り組みの一環として、BWTアルピーヌF1チームは、ドライバーロースターを含め、女性を増やすための包括的なプログラムを導入する。

アルピーヌF1チームによれば、現在、女性は労働力のわずか12%を占めている。しかし、「Rac(H)er」プラットフォームは、女性が科学技術分野に参入することを奨励する地元のSTEMプログラムへの投資のおかげで、5年間でその割り当てを30%の女性に徐々に増やし、それらを長期的に追求することを目指している。

レースの最前線では、アルピーヌF1チームのドライバーアカデミーは、幼い頃から、F1に参加したい若い女性のカーターを特定することを目指していく。このプログラムでは「これらの才能の進歩をサポートするためのレース計画、テスト計画、体力トレーニング計画、精神トレーニングプログラムを設定するための包括的なロードマップ」を展開する。

「F1チームおよびルノー・グループのブランドとしての我々の役割は、我々のエコシステムをより包括的にし、多様性を我々の強みにすることを約束することだ」とアルピーヌのCEOを務めるローラン・ロッシは説明した。

「我々は、すべての才能が将来繁栄できるように、スポーツと業界の両方を大きく変革する必要があることを認識している」

「この長期的な変革プログラムであるRac(H)erを立ち上げることで、このセクターのすべてのプレーヤーが参加することを望んでいる。団結することによってのみ、真の進歩を遂げることができるからだ。それが我々の本当の成功と言えるだろう」

アルピーヌ・ヒューマン・リソースVPのクレア・メスナーは「Rac(H)erによって、統計を移動するだけでなく、真の実力主義を作成したいと考えています」と述べた。

「我々は、アルピーヌ全従業員のコミットメントに依存する独自の長期プログラムを設計しました。課題は、チーム内での反響を促すことだけでなく、社内で物事を前進させるための具体的な手段を導入することでもある」

「我々は会社のすべての分野でこれを行うことを約束し、模範を示しています。現在、アルピーヌ管理委員会の50%は女性です。これが割り当てであるからではなく、彼女たちがその役割と責任を主導する専門分野で最高だからです」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ