アルピーヌF1代表 「オスカー・ピアストリには2023年の計画がある」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、リザーブドライバーのオスカー・ピアストリが2023にF1デビューすることを確実市しているが、どのチームであるかは明かそうとはしていない…。

F2チャンピオンのオスカー・ピアストリは、今年リザーブドライバーとしてアルピーヌF1チームに加わったが、エステバン・オコンは2024年まで契約を結んでおり、フェルナンド・アロンソは来季もチームに残留すると見られており、ピアストリがデビューする余地はないようだ。

オスカー・ピアストリは、現在苦戦しているニコラス・ラティフィに代わってウィリアムズF1でデビューするとの噂がある。

だが、オスカー・ピアストリが2023年にF1デビューを果たすかと質問されたオトマー・サフナウアーは「イエス」と反抗的に答えた。

「我々がドライバーとの契約の詳細については話すことはない。それは我々が決してしないことだ」

「したがって、いくつ伝えたくても、私には話すことできないと思う。だが、私がそう言うとき、それは計画されている」

「我々はオスカーと契約している。彼にはいくつかの選択肢があるので、急ぐ必要はない。したがって、我々は時間をかけて、シリーシーズンの適切なタイミングで、周りを見回して、そのようなタイプの決定を下す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ