フラビオ・ブリアトーレ、アルピーヌF1のアドバイザー就任の可能性
フラビオ・ブリアトーレが、アルピーヌF1のアドバイザーとしてパドックに戻ってくる可能性が報じられている。

フラビオ・ブリアトーレは、過去にF1で最も有名で物議を醸したチーム代表の一人であり、新しいレーシングタレントを見つけることに鋭い目を持っている。1991年にはF1ベルギーGPでジョーダンで素晴らしいデビューを果たしたミハエル・シューマッハをベネトンに誘い込み、1994年と1995年にタイトルを獲得。

また、フェルナンド・アロンソのマネージャーとしても有名であり、2001年にアロンソをミナルディに送った後、2003年に自身がチーム代表を務めたルノーF1のワークスチームに抜擢し、2005年と2006年にタイトル2連覇を達成している。

フェルナンド・アロンソは、昨年アルピーヌF1にリブランディングされたチームに復帰し、2021年のF1カタールGPで表彰台を獲得し、合計81ポイントでランキング10位でシーズンを終了。チームはコンストラクターズチャンピオンシップ5位でを終えている。

アルピーヌF1はオフシーズンに体制変更が行われ、非常勤取締役のアラン・プロストと常務取締役のマルチン・ブコウスキーの両方が退任。元アストン・マーティンのチーム代表であるオトマー・サフナウアーがオーストリアの水処理会社BWTと一緒に加入し、A522はピンクのカラーリングを採用すると噂されている。

報告によると、フラビオ・ブリアトーレもアルピーヌF1に戻る可能性があるという。

フラビオ・ブリアトーレは、最近パリで目撃されており、アルピーヌF1と会談するためにそこにいたとされている。また、現在アルピーヌF1に所属しているフェルナンド・アロンソは、モナコでフラビオ・ブリアトーレと一緒にディナーをとったことをInstagramに投稿して、噂に拍車をかけている。

Marcaは、フラビオ・ブリアトーレの復帰は「非常に難しいが、F1では非常に難しいことが現実になる可能性がある。何度もそれを目にしている」とのアルピーヌF1に近い情報筋の言葉を伝えた。

この情報筋は、フラビオ・ブリアトーレが戻ってきた場合、アラン・プロストの後任としてアドバイザーとしての地位を埋めることになるだろうと付け加えた。

「主に象徴的でイメージ的な立場をとっていたアラン・プロストは去り、アルピーヌF1はアドバイザーを必要としないといっているが、そのポジションは空いている」と情報筋は説明した。

「彼(ブリアトーレ)が戻ってきた場合、彼はその役割で復帰し、ボスや経営陣に関連することはなく、コンサルタントとして復帰することになるだろう」

Marcaは、アルピーヌのCEOであるローレン・ロッシもイタリア人であり、フラブオ・ブリアトーレがルノーF1チームを率いていたときに常に「レギュレーションと権力においてルノーのポジションを最大限に活用していた」ことでチーム全体でF1の舞台裏で何が起こっているかを把握しているも有利に働くと述べている。

数か月前、フラビオ・ブリアトーレは、F1のCEOであるステファノ・ドメニカリと会議している動画をInstagramに投稿し、F1復帰が噂された。

動画のキャプションの中で、フラビオ・ブリアトーレは「F1の新しい章がもうすぐ始まる。この素晴らしいスポーツにふさわしいすべての興奮、エンターテインメント、楽しさとエネルギーをお届けする!」と述べたが、それ以来、公式のニュースは出ていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ