アルピーヌF1離脱のアラン・プロスト 「ローラン・ロッシに脇に追いやられた」
4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、アスピーヌF1からの離脱は、CEOのローラン・ロッシによって脇に追いやられたと感じたことが理由の一つだと語った。

今週、アルピーヌF1の非常勤取締役とアドバイザーの役割としてチームに携わってきたアラン・プロストがその役割を退任することが明らかになった。

今週、アルピーヌF1の非常勤取締役とアドバイザーの役割としてチームに携わってきたアラン・プロストがその役割を退任することが明らかになった。

アラン・プロストは、彼の退任のニュースが漏洩したことに失望したとソーシャルメディアで不快感を露わにした後、L’Equipeの取材に応じ、アルピーヌF1離脱の真相について語った。

アラン・プロストは、ローランス・ロッシの到着後、2021年を通して孤立させられていると感じ、チーム内での自分の立場に不満を抱いていたと語った。

「2021年のシーズンは、私にとって非常に不穏だった。長い間ここにいた人たちは出ていかないといけないと感じた」とアラン・プロストは説明した。

「私は変化は受け入れる。F1は常に同じ方法で進むわけではない。異なるやり方で進めることができる。それが昨年を通して行われたことだ。だが、私にとってそれは複雑なものになりすぎていた」

「私はもはや意思決定に関与していなかった。完全に同意していないときもあった。だが、私は公式の言葉を伝え続けなければならなかった」

「取締役会のメンバーであったも、土壇場でいくつかの決定について知らされていた。聞かれないとしても、少なくとも時間内に知らされるべきだ。それはリスペクトの問題だ。人間関係はますます複雑になり、私は多くの嫉妬を感じた」

アラン・プロストは、新しい経営体制に取り組んでいるローラン・ロッシは、もはやアドバイザーを望んでいないことを告げられたと語った。

「ローラン・ロッシは、誰にも煩わされないように一人になりたいと思っている」とアラン・プロストは付け加えた。

「彼は実際、彼はもはやアドバイザーを必要としないと私に伝えた」。

「カタールでそれを伝えられたが、それでも彼はアブダビで私に契約をオファーしてきたので、私はそれを拒否した。私は、グループのモチベーションを信じられないほど高めたこの野心的なプロジェクトを信じていたし、今でもまだ信じていると言わなければならない」

「だが、今では多くの人々を脇に追いやる動きがある。ローラン・ロッシはすべてのスポットライトを浴びることを望んでいる。私が興味を持っているのは、チームの課題に耳を傾け、いくつかの決定に関与することだ」

「私はあえてあまり出しゃばらないようにしていた。すべての意見の相違を感じていたが、影響力は控えめなものだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ