F1:アラン・プロスト 「ヴォルフ/ホーナーのライバル関係は行き過ぎ」
アルピーヌF1の非常勤取締役であるアラン・プロストは、トト・ヴォルフとクリスチャン・ホーナーのチーム代表間の争いは行き過ぎていると感じていると苦言を呈する。

マックス・フェルスタッペンがドライバーズチャンピオンシップでルイス・ハミルトンを8ポイントリードしてF1サウジアラビアGPを迎えるが、ブラジルとカタールでの2連勝によって、勢いはルイス・ハミルトンにある。

一方、メルセデスF1はコンストラクターズチャンピオンシップでレッドブル・ホンダを5ポイントリードしている。

だが、F1パドックでは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフとレッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーがシーズンを通して舌戦を繰り広げ、FIAも両方のチーム代表の怒りの対象となるなど、多くのアクションが怒っている。

これが今シーズンにドラマを追加しているのは確かだが、F1パドックのなかでには二人の行動を非難する者もいる。

F1カタールGPでは、マックス・フェルスタッペンがダブルイエロー無視によって5グリッド降格ペナルティを受けた後、クリスチャン・ホーナーがマーシャルを批判してスチュワードから警告を受けた。

その前のF1ブラジルGPでは、トト・ヴォルフがルイス・ハミルトンの失格処分を含めたメルセデスF1に対する一連の制裁についてFIAに批判的だった。

マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、両チームがFIAだけでなく、競争相手により大きな敬意を示すよう求めたが、4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストもその考えにどうする。

トト・ヴォルフとクリスチャン・ホーナーのライバル関係について質問されたアラン・プロストは「多分行き過ぎているし、FIAと競技面を尊重する必要がある」とChannel 4に語った。

メルセデスのF1ブラジルGPでの大きな不満の1つは、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンをコース外に押し出してリードを守ったことだった。メルセデスF1の再審請求は棄却された。

しかし、その一件はより広い問題になり、多くのドライバーが、今後のホイール・トゥ・ホイールのバトルで何が許容されるかについて混乱していると語っている。

アラン・プロストは、そこはFIAが注目すべき問題であり、特に多くのトラックでますます寛容になっているランオフエリアを挙げた。

「現在のトラックは、ランオフが非常に広く、多くのことができることを我々全員が知っていることも認識しなければならない」とアラン・プロストは説明した。

「判断も非常に難しく、将来的に改善する必要があるかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス