アルピーヌF1、ジュニアドライバーのために新たにBチームの設立を検討
アルピーヌF1は、将来、ジュニアドライバーのためのBチームをグリッドに投入することを検討しているとジャーナリストのジョー・サワードが伝えている。

アルピーヌF1のアカデミーには、オスカー・ピアストリ、周冠宇、クリスチャン・ルンガーといった優れた才能が所属しており、エグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、ジュニアランクは「優秀なドライバーが多すぎる」という頭痛の種をチームに与えていると述べている。

特にオスカー・ピアストリは、今シーズンのF2で印象的なパフォーマンスを見せており、ランキングの上位2位を占めている。しかし、2022年のF1グリッドの空席はすでにアルピーヌF1の1つしかない。アルピーヌ自身には空席がなく、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンが継続する。

ジョー・サワードによると、アルピーヌF1は、レッドブルがアルファタウリを持っているのと同様のBチームを持つことによってこの問題に取り組むことを検討していると語る。

「アルピーヌにエンジンのカスタマーチームがいれば、このような問題はすべて緩和されるだろうが、現在のところ選択肢は限られている。ただし、2022年にもっと優れたエンジンがあれば、人々はもっと興味を持つかもしれない」とジョー・サワードは述べた。

「アルピーヌは、レッドブルがスクーデリア・アルファタウリで享受しているのと同様の状況を作り出すために、(理論的に)2億ドルの参加費を伴う新しいチームの作成を支援するというアイデアを嗅ぎ回っていると言われている」

「それはクレイジーに思えるかもしれないが、2番目のチームを持つことは(チームの価値が上がるにつれて)良い資産を持つことを意味する。アルピーヌには2026年に新しいF1エンジンの開発を支援する必要がある」

「この状況では、新しいオペレーションに融資することは、既存のチームを購入することと同じくらい意味がある。もちろん、ルノー・日産・三菱アライアンスのブランドとのマーケティングの機会もある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー