アラン・プロスト、F1レース数の増加は「まったく愚かなことではない」
アルピーヌF1の特別顧問であるアラン・プロストは、F1カレンダーの年間レース数を増やすことは、現在の経済状況を考えれば、スポーツにとって理に適っていると語る。

今年のF1カレンダーは、新型コロナウイルスの感染が継続したことで、22戦以下でシーズンは終了することになりそうだが、F1の最高経営責任者であるステファノド・メニカリの最近のコメントに基づいてインターネット上で流出しているドラフトカレンダーによると2022年は23戦にイベントが拡大されるようだ。

F1チームとドライバーは、クルーが何週間も家に帰ることのできない執拗なスケジュールや厳しいトリプルヘッダーに不満を定期的に述べているが、F1ではレースを追加することで経済的に利益がある。

「我々は、いくつかの大きなスポンサーを失っているし、より多くのレースを開催する理由は明らかにもっとお金を稼ぐためだと思う」とアラン・プロストはポットキャスト“Prost In ThePaddock” で語った。

「私がそこにいたとき、我々にはタバコスポンサーがいた。序盤はアルコールのスポンサーがいた。そして、我々はこの多額のお金を失った」

「もちろん、我々にはコンストラクターがある。だが、コンストラクターが関与しない小さなチームもいる」

「私たちはボートを持っており、パッケージを持っている。いくらかの収入といくらかの商業収入を得る必要があるので、レースの数を増やすことは明らかに愚かなことではない」

それでも、アラン・プロストは、F1カレンダーの拡張に制限を設ける必要性も認識している。

「常に限界がある」とアラン・プロストは語る。

「それにトップチームの何人かの人々は、長い間そこにいるし、家族ともっと時間を過ごしたいと思っていること、そして、彼らは常にいろいろな場所に移動していることを理解する必要があr。それは非常に困難なことだ」

「明確に多くのレースに賛成しているわけではない。我々はあまりに多くのレースをしないように注意しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ