アルピーヌF1、マシンの技術的問題で18インチタイヤの最終テストを断念
アルピーヌF1にとって予定されていた雨天用の18インチタイヤのテスト最終日は、F1マシンの技術的なトラブルによって中止となった。

マニクールで開催された2022年のピレリの雨天用18インチタイヤの2日間のテストは、ピレリの2021年の18インチタイヤプログラムの最後のテストとなる予定だった。

18インチタイヤは2022年から他の多くの技術レギュレーションとともに、フィールドの最前線での競争を激化させ、より緊密なレースを可能にすることを目的として導入される。

今年、アルピーヌF1のリザーブドライバーを務めるダニール・クビアトは、水曜日にテストを実施し、木曜日もステアリングを握る予定だったが、1周も走行することができなかった。今回のテストはピレリの雨天用コンパウンドを対象としており、インターミディエイトとウェットタイヤの3回目のテストだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ピレリ