アルピーヌF1、フェルナンド・アロンソの2022年の残留を正式発表
アルピーヌF1は、フェルナンド・アロンソが2022年もチームに残留することを正式に発表した。2回のF1ワールドチャンピオンは当初の契約で2年目もチームにとどまるオプションが与えられていたがアロンソはそれを行使した。

フェルナンド・アロンソは、F1から2年間のサバティカルを終えた後、今年アプピーヌからF1復帰。チームでの彼のパフォーマンスは多くの人を驚かせ、前回のF1ハンガリーGPではルイス・ハミルトンとのバトルの末、4位というシーズンベストリザルトを達成している。

「2022年までアルピーヌF1チームとの契約延長を発表することができてとてもうれしい」とフェルナンド・アロンソはチームの声明で述べた。

「このチームに戻った瞬間、アットホームを感じたし、両手を広げて歓迎された。エンストンとヴィリー=シャティヨンで僕たちのスポーツで最も明るい心のいくつかと再び仕事をすることは喜びだ」

「誰にとってもトリッキーなシーズンだったけど、チームとして進歩を面している、ハンガリーでの結果はこの進歩の良い例となっている」

このニュースは、アルピーヌF1チームは、エステバン・オコンとフェルナンド・アロンソとともに、新しいF1レギュレーションが導入される新時代の2022年を迎えることを意味する。

「今シーズンの残りの期間だけでなく、来年以降、F1に新しいレギュレーションの変更が加えられることで、よりポジティブなメモリーを目指している。平等なプレイングフィールドとスポーツの変化の必要性を大いに支持してきたし、2022年シーズンはそのための素晴らしい機会になるだろう」

「アルピーヌのために今年の残りと2022年にエステバンと一緒にレースをすることを楽しみにしている」

アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシは「来シーズン、エステバンとのパートナリングでフェルナンドの残留を発表できることをとてもうれしく思う」とコメント。

「我々にとって、グリッド上の最強の中で我々にとって完璧なドライバーラインナップだ。非常に補完的な方法で機能しており、生の才能とスピードの両方とともに、ハンガリーでの初勝利をもたらした非の打ちどころのないチームスピリットを提供している」

「フェルナンドは今年の初めにスポーツに戻って以来、我々全員に感銘を与えてきた。チームから最大限の力を引き出すための彼の献身、チームワーク、そして、集中力の目撃者の一員であることは信じられないことであり、特別なことだ。ハンガリーでの彼のパフォーマンスは彼のレースの血統のもう一つの例であり、彼がいかに熟練したドライバーであるかを皆に思い出させた」

「我々は2022年のシャーシとパワーユニットの最終的な開発と最適化の段階に入っており、フェルナンドの洞察と経験から大きな恩恵を受けることができると確信している。彼は我々と同じくらい成功することにハングリーであり、それをパフォーマンスに変換するためにあらゆる努力を払っている」

「ただし、今のところ、今年の下半期を力強く提供することに焦点を当て、すべてのレースで最大値を抽出し、コンストラクターの順位で可能な限り上位に到達するようにする必要がある。これにより、来年の絶好のポジションとそれがもたらす重要な機会がもたらされる」

フェルナンド・アロンソ、2022年もアルピーヌF1チームに残留

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / フェルナンド・アロンソ