F1
アルファタウリ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、日本人ドライバーの角田裕毅が、F2での成績次第ではシーズン後半にグランプリ週末デビューを果たす可能性があることを示唆した。

ホンダがF1プログラムに日本人ドライバーを渇望していることは秘密ではなく、現在の最有力候補は19歳の角田裕毅1だ。角田裕毅は、ホンダの育成プログラムだけでなく、レッドブルのジュニアプログラムにも名を連ねている。

昨年、FIA-F3でレッドブル首脳陣に感銘を与えた角田裕毅は、今年、ホンダとレッドブルの支援を受けてカーリンからF2にステップアップを果たす。

「シーズン前半が金曜日のドライバーについては計画されていません」とホンダのF1エンジンを搭載するレッドブルの姉妹チームであるアルファタウリをまとめるフランツ・トストは Speed Week に語った。

「その後、我々はどうなるか様子を見てみる必要があるだろう。彼はF3で強く、今年はF2にいる。角田裕樹は候補者だと思っている」

昨年までトロロッソとして参戦していたチームは、今年からレッドブルの衣料ブランドを宣伝するためにアルファタウリに改名。2月14日(金)に発表されたホワイト×ネイビーのボディカラーに赤でホンダのロゴが掲載された新車『AT01』は非常に人気を博している。

また、アルファタウリはレッドブル・テクノロジーとの連携が強化されてレッドブル・レーシングのパーツが多数供給されており、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはアルファタウリF1チームが「ジュニアチームから姉妹チームにステップアップした」と語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1