フェルナンド・アロンソ 「アストンマーティンF1のマシンは嬉しい驚き」
フェルナンド・アロンソは、2022年F1アブダビテストで初走行を行ったアストンマーティンF1のマシンは「嬉しい驚き」だったと語った。

2かいのF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2023年に正式にチームに加わる前に、火曜日にF1のポストシーズンのアブダビテストの最初の5時間でアストンマーティンの2022年マシンAMR22を運転した。

フェルナンド・アロンソは、2年間のサバティカル休暇の後、2021年に復帰したアルピーヌF1チームを去り、2023年に複数年契約でアストンマーティンに移籍することを決断した。

昨年、フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームと調整に長い時間を費やしたのはパワーステアリングシステムであり、フロントタイヤの動きを適切に感じることに苦労した。

したがって、フェルナンド・アロンソは、アストンマーティンAMR22での最初の走行前に特にその部分を警戒していたと語る。

「僕がアルピーヌに加入した最初の年にステアリングのアシストとフィードバックについて5か月近く多くの作業をしなければならなかったので、ステアリングのフィードバックについてはいくつかの懸念があった」とフェルナンド・アロンソは語った。

「そのため、僕たちはここ数週間でいくつかの懸念について話し合ってきた。アストンマーティンのシステムに問題がないと感じたのは嬉しい驚きだったし、あまり変更する必要はなかった」

フェルナンド・アロンソは5時間で97周を完了した後、最後の3時間はランス・ストロールにマシンを引き渡しており、自分が提案したステアリング設定の微調整がストロールにどのように反映されるかを非常に楽しみにしていると付け加えた。

また、フェルナンド・アロンソは、車の特性の違いを感じることができたことも「良かった」と語り、信頼性の問題に悩まされていたアルピーヌとの1年を経て、アブダビでメルセデスエンジンを搭載したアストンマーティンの「際立った」信頼性についても賞賛を惜しまなかった。

「昨日の夜、彼らがエンジンの走行距離を教えられたときは心配になった」とフェルナンド・アロンソは語った。

「僕の基準ではその数字は少し高いと言った。でも、問題なく97周できたので、素晴らしい結果だ」

フェルナンド・アロンソにとって、V6ターボハイブリッド時代にメルセデス製エンジンを搭載した車を運転するのはこれが初めての機会だったが、エンジンについての質問には「違う感覚」だったことを確認しただけで、より良いかどうかの質問にはただ微笑んで肩をすくめるだけだった。

それでも、フェルナンド・アロンソは、シーズンを通じて彼が運転してきたマシンよりもはるかに競争力の低い新しいチームの2022年マシンに「すべてに嬉しい驚き」を見出したと語る。

アストンマーティンはコンストラクターズチャンピオンシップでを7位でフィニッシュし、4位のアルピーヌに3つ差をつけたが、アロンソとの契約は今後数年間でタイトルに挑戦するチームになるための積極的で野心的な計画の一部だ。

フェルナンド・アロンソがこのテストを最大限に活用したいという願望は、ピットレーンを離れた最初のであり、また月曜日にパドックで新しいチームに会った最初のドライバーだったことからも示されている

また、グランプリの週末に続くこのテストのバック・トゥ・バックの性質も、フェルナンド・アロンソが積極的に利用したかったものだった。

「同じサーキット、同じコンディションで、2日前と直接比較できれば非常に役立つことは明らかだ」とフェルナンド・アロンソは語った。

「いろいろ発見できるから素晴らしい。僕たちはバランスについて話すことができるし、それはチーム内で話し合うことになるけど、来年はクルマがまったく違うものになることを望んでいる」

これは、フェルナンド・アロンソは、アストンマーティンの2023年のデザインが非常に異なるため、このテストはチームの2022年のマシンを判断することではなく、順応することであると強調した。

また、フェルナンド・アロンソは、アストンマーティンとの新しい仕事の仕方に慣れたいと思っているが、それは主にコース外のことであり、コース上でのことは最初の走行ですぐに適応が「ほぼ終わった」と感じたと語る。

フェルナンド・アロンソは、多くの周回を重ねた結果、左側に痛みを感じたため、シートを変更することが最優先事項であると特定したが、他のさまざまな詳細も取り上げた。

「これから自分が見つけたすべてのこと、その他の小さなことを頭の中で考えなければならない」とフェルナンド・アロンソは語った。

「それらのほとんどは快適性であり、実際にはバランス自体や車の挙動ではない」

「でも、ギアのシフトトーン、ピットレーン、ダッシュボードに表示されるメッセージの長さを変更したときのダッシュメッセージなどのことは分かっていない」

「1つのセットアップにとても慣れているし、これから物事をより自然に見えるように調整していく。この種のことが、おそらく今の優先事項だ」

フェルナンド・アロンソ アストンマーティン 2022年 F1アブダビテスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アストンマーティン