フェルナンド・アロンソ 「これでアストンマーティンに集中できる」 / F1アブダビGP
フェルナンド・アロンソは、リタイアで終えたアルピーヌF1チームとのラストレースであるF1アブダビGPは今シーズンを要約していると語り、2022年シーズンが終わって“最も良いこと”は、アストンマーティンでの新しい段階に集中できることだと付け加えた。

フェナンド・アロンソは、ヤス・マリーナ・サーキットでポイント争いを繰り広げていたが、ウォーターリークの疑いでピットに戻らざるを得なくなった。これは2005年と2006年の当時ルノーだったチームでF1ワールドチャンピオンを獲得した“チーム・エンストーン”の終わりを意味した。

今季、フェルナンド・アロンソにとって6回目のDNFであり、そのうちの1回は事故による損傷が原因で、残りはさまざまな技術的な問題が原因だった。サウジアラビアでメカニカルな故障、イタリアでウォーターポンプの問題、シンガポールとメキシコでエンジンの問題に見舞われた。

「残念ながら、またエンジンの問題だ」とフェルナンド・アロンソはヤス・マリーナのパドックでメディアに語った。

「ポイントを争って、とても快適に見えた後、今日もリタイアだった。がっかりしているの確かだ。何百万人もの人々、ファンが失望していると思う。でも、これが現状だ」

「今年を総括する感じだね。残念なことに、14号車ではこうしたことが常に起こっていたように思う」

「非常に不運なシーズンだった…いや、不運ではない信頼性の面で準備ができていなかったと思う。6回目か7回目のDNFだと思う。でも、DNFとしてカウントされなかったレースもある」

「オーストラリアでは予選で問題があり、オーストリアではスプリントレースでマシンがスタートせず、準備ができていなかった他のレースもいくつかあった。このような形で終わるのは少し寂しいけど、それが現状だ」

フェルナンド・アロンソは、同じくヤス・マリーナで開催されるポストシーズンテストでアストンマーティンと共にコースに出る予定だ。

「だから、このチャプターを終えて、グリーンに乗る時間が1日未満になったことが今日の最高のことだと思う。明日、このプロジェクトが始まり、シートフィッティング、ミーティングがある。火曜日のマシンのテストが良い章になることを願っているし、今年のすべての不運が次の章で補われることを願っている」とフェルナンド・アロンソは付け加えた。

すべての問題により、フェルナンド・アロンソはチームメイトのエステバン・オコンに11ポイント差をつけられてドライバーズチャンピオンシップ9位でシーズンを終えた。

フェルナンド・アロンソのリタイアにもかかわらず、アルピーヌF1チームはコンストラクターズチャンピオンシップで4位を確保した。チームメイトのエステバン・オコンは7位で最終戦を終え、ライバルのマクラーレンはランド・ノリスとダニエル・リカルドがそれぞれ6位と9位でフィニッシュした。

「重要なのは、チームが今週末の目標だったコンストラクターズチャンピオンシップで4位に終わったことだ。チームの全員がこの目標を達成できて本当に良かった」とフェルナンド・アロンソはコメント。

フェルナンド・アロンソ アルピーヌF1チーム 2022 アブダビグランプリ

A522の信頼性に関する不満にもかかわらず、フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームに対してまだ暖かく感じていると主張した.

「今週末でチームとはお別れだけど、アルピーヌのことはいつでも良い思い出と共に思い出すだろう」とフェルナンド・アロンソは語った。

「僕はこのチームで人生の9年間を過ごし、過去にルノーで2つのチャンピオンシップを獲得したので、彼らの将来の幸運を祈っている」

「このプロジェクトは、人材の採用、施設、投資の面で彼らが行っていることは驚くべきものであり、良い時期が来ていると思う」

「でも、僕は来年が待ち遠しい」

今日のレースに関して、最初のスティントをセバスチャン・ベッテルの後ろで走ったフェルナンド・アロンソは、ベッテルがF1で最後に仕事をしているのを見ることは喜びったと語った。

「セブを攻撃したくはなかった」とフェルナド・アロンソは語った。

「彼の後ろを数周して楽しみたかった」

フェルナンド・アロンソは、引退したセバスチャン・ベッテルの後任として、2023年シーズンからアストンマーティンでランス・ストロールのチームメイトとなる。アロンソのアルピーヌF1チームのシートにはピエール・ガスリーが座る。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1アブダビGP / アルピーヌ