フェルナンド・アロンソ 「新しいファンはF1についてあまり知らない」
フェルナンド・アロンソは、F1にフォローし始めた人々に対して「敬意を欠く」ことを望んでいないと前置きした上で、F1の新しいファンは“サッカーのようなファン”であり、車とその個々のパフォーマンスレベルの微妙な違いよりも結果に焦点を当てていると語る。

近年、F1の人気が大幅に高まっていることを考えると、最近のファンは、フェルナンド・アロンソが最も成功を収めた時代を知らない可能性がある。

フェルナンド・アロンソはフロントのドライバーは最高のドライバーと見なされているのに対し、車のパフォーマンスのレベルの違いについてあまり理解していなければ、バックの誰もがF1に属していないとみなされる感覚を「ジェットコースター」のような感覚だと語った。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2005年と2006年のタイトルを2連覇したピーク、2010年と2012年のその後のニアミス、勝利のために競争する能力のない車に乗り込むまで、彼の能力が時間の経過とともにどのように認識されてきたかについて話した。

しかし、パドックやF1ファンの間では、フェルナンド・アロンソへの敬意は依然として高いまま。300回目のグランプリスタートの前夜、ルイス・ハミルトンは、純粋なスピードという点で、フェルナンド・アロンソをF1で最もタフな対戦相手に挙げた。

しかし、フェルナンド・アロンソが運転している車での近年のパフォーマンスの変動により、週末がどのように進んだかに応じて、よりカジュアルなファンにコアなファンに二極化したと考えている。

「外部からの認識や僕に対する感情は時代ごとに変わったと思う」とフェルナンド・アロンソはThe Raceに語った。

「2007年には、僕がドライバーとして、または人として何であるかを人々は認識していたのかもしれない。その後、僕がフェラーリにいたときにそれは変わった。僕はラテン系チームなどにとてもよく合っていた。

「今、僕たちが持っているファンには、新しいファンがいて、ある意味で、彼らへの敬意を欠いたくないとは思けど、彼らはF1についてあまり知らない」

「彼らはサッカーのようなファンのようなものだ。結果を追うだけで、勝った人がベストだ。そして、最下位の人はF1レベルではない」

「彼らは必要とする車のパフォーマンスとパッケージについてあまり理解していません。だから、人々がドライバーについてどう感じるかは、ジェットコースターのような感覚、知覚だ」


「良い週末を過ごすときは神のように見える。悪い週末を過ごすと年を取りすぎている、あるいは若すぎて見える」

「でも、僕たちは皆、そういった段階を経ている。今、ファンはすぐにレースを見ているだけで、気持ちを抱き、次の日曜日までスイッチを切ると思う」

「F1の適切な文化はもうない」

フェルナンド・アロンソ アルピーヌF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ