ミカ・ハッキネン、アロンソのフロントローは「決して小さな成果ではない」
元F1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、2022年F1第9戦カナダグランプリの予選でフロントローを獲得したフェルナンド・アロンソを称賛する。

フェルナンド・アロンソは、2001年にミナルディでF1デビュー。そのシーズンは引退前のミカ・ハッキネンの最後のシーズンでもあった。

2018年の終わりにF1グリッドから離れた後、フェルナンド・アロンソは2021年にアルピーヌF1チームでカムバックした。40歳を迎えたアロンソだが、まだすぐに引退するという兆候は見られない。

ミカ・ハッキネンは、フェルナンド・アロンソがF1キャリアを開始してから20年経った今でも、F1に自分自身を適応させ、成功し続けているのを見るのは「素晴らしい」と感じている。

「フェルナンドは私の最終シーズンにF1でレースを始めた。20年以上後にグリッドのフロントローにいる彼を見るのは素晴らしいことだ!」とミカ・ハッキネンはUnibetのコラムに書いた。

ミカ・ハッキネンは、2005年と2006年に連続してF1ワールドチャンピオンを獲得したフェルナオd・アロンソが、F1に必要な肉体的および精神的な強さを維持できることに感銘を受けている。

「彼は今でもF1でのレースが大好きで、土曜日の厳しい気象条件を最大限に活用して2番グリッドを獲得した」とミカ・ハッキネンはF1カナダグランプリでのアロンソのパフォーマンスについて堅田t。

「このレベルで競争力を維持するには、精神的および肉体的な力とスタミナが非常に必要だ。そのため、フェルナンドがポールポジションを目指しているは、決して小さな成果ではない」

レース自体は完全にフェルナンド・アロンソに有利に働かなかった。良いスタートを切った後、車に問題を抱え、後方に滑り落ち、7位でフィニッシュ。さらに不必要なウィービングをしたとして5秒のタイムペナルティを科されて9位に降格している。

しかし、アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、状況がうまくいけば、チームが2022年に勝利または表彰台を獲得できる可能性があるとの希望を表明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ