F1:フェルナンド・アロンソが経験した“フェラーリとマクラーレンの違い”
フェルナンド・アロンソは、フェラーリとマクラーレンを含めたF1チームの風土の違いを説明した。

今年、アルピーヌF1からF1復帰し、2022年にF1で19シーズン目を迎える2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1キャリアで4つのチームを経験している。

特に2007年、そして、2015年から2018年に所属したマクラーレン、2010年から2014年まで所属したフェラーリでは、チームとしての物事の進め方に独自のアプローチがあったと語る。

「それぞれがチームのDNAの一部を持っていると思う」とフェルナンド・アロンソはBeyondTheGridに語った。

「歴史的に、彼らは異なる哲学でレースをしてきたし、それぞれが異なる。ルノーでは、エンストーンとパリの誰であっても、ファミリー的な環境とフレンドリーなアプローチを見られると思う」

「フェラーリでは、ファクトリーの人々から見たものはもう少し情熱的だと思う。ラテン、イタリア、スペインのDNAの一部でもあるので、もう少し混沌としている部分がある」

「マクラーレンはもう少し真面目で、すべてがもう少し正確だけど、内部的にも少しコミュニケーションが不足しているかもしれない。非常にプロフェッショナルな環境だ」

「それぞれが少しずつ違うけど、彼ら全員が限界を見つけて、可能な限り最速のマシンを生産するという同じ目標に向かっている。そして、彼ら全員がそれに関して極端だ」

フェルナンド・アロンソは、2001年にミナルディでF1キャリアを開始し、ルノーに移籍する前に1年間過ごした。2度のF1ワールドチャンピオンは、バックマーカーチームであるミナルディは、スポーツへの情熱においてフェラーリといくつかの類似点を持っていたと考えている。

「もっとイタリア寄りで、よりフェラーリのような感じだった」とフェルナンド・アロンソは言った。

「当時、ミナルディで見つけたのは、リソースがほとんどないなかで、F1に情熱を注ぐ人々のグループだった。そして、シーズン序盤に非常に変化しやすい環境、それがミナルディだった」

「オーストラリア(2001年シーズンの開幕戦)の2か月前、資金と予算が不足していたため、チームはレースをしていなかった。その後、ポール・ストッダートが入り、土壇場でチームを救いました。冬季テストをせずにオーストラリアに向かった。デビューだった」

「当時もそれはおそらく考えられないことだったし、今では考えられないことだけど、これはコースの一部であり、情熱の一部だった」

「イタリアのチームであり、彼らはそれを身につけた。そして、おそらくその時それはもう少し普通だった」

その後、ミナルディはレッドブルに買収され、現在、アルファタウリとして活動している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ / マクラーレン / アルピーヌ