ニコ・ロズベルグ 「アロンソがF1復帰に苦労しているのは年齢も一因」
元F1ワールドチャンピオンにニコ・ロズベルグは、フェルナンド・アロンソがF1復帰で期待してような活躍ができていないのは年齢も一因だと考えている。

2年間のブランクを経て、2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1とともに2021年のF1世界選手権に帰ってきた。しかし、アロンソの復帰は、彼自身とファンが期待していたよりも困難状況になっている。

元F1ドライバーのニコ・ロズベルグは、その理由の一因としてとして39歳というフェルナンド・アロンソの年齢を挙げた。

「アルピーヌは運転するのが難しいマシンだし、アロンソはそれを楽しんでいない」とニコ・ロズベルグは Sky Sportsに語った。

元メルセデスのF1ドライバーであるニコ・ロズベルグは、アルピーヌでのフェルナンド・アロンソの状況と、ミハエル・シューマッハがF1復帰した後、メルセデスで経験した困難との間に類似点があると考えている。ミハエル・シューマッハは4シーズンのブランクを経て、41歳でメルセデスでF1復帰している。

「フェルナンドにとっては長い道のりだ。僕がメルセデスでチームメイトだったミハエル・シューマッハのことを思い浮かぶ。彼の年齢によって、それは非常に困難だった」

「同じことがアロンソにも起こっている。彼は2年離れていたので、再び本格的になるには少し時間がかかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ニコ・ロズベルグ / アルピーヌ