アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ、パワステを微調整してモナコへ
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1への再適応を進めており、次戦F1モナコGPにむけてパワーステアリングシステムを微調整する。

2年ぶりにF1復帰したフェルナンド・アロンソだが、チームメイトのエステバン・オコンのスピードに匹敵することに苦労している。だが、アルピーヌF1は2022年の準備に焦点を当てており、アロンソも現在のマシンに大きな変更を加えることは“意味がない”と同意する。

「2022年があるので、このマシンの哲学を変えることは意味がない。年末までに適応できるかは僕次第だ」とフェルナンド・アロンソは Marca に語った。

しかし、フェルナンド・アロンソは、パワーステアリングの設定を微調整することは助けるかもしれないと語る。

「快適さのためだ」とフェルナンド・アロンソは認める。

「このマシンはパワーステアリングが違うので、感覚を良くするために以前と同じようにしたいと思っている。それはガレージの僕サイドだけのことで、僕にとってより簡単になることを期待している」

フェルナンド・アロンソの個人的な苦労にもかかわらず、アルピーヌは、今シーズンこれまでに何度も、メルセデス、レッドブル、マクラーレン、フェラーリに次ぐ、少なくとも5番目に優れたマシンであることを示したとフェルナンド・アロンソは語る。

「モナコではマシンは本当に速いと思う」とフェルナンド・アロンソは語った。

「そこでのパフォーマンスには良い感触を持っている。僕が確実に改善しなければならないことの1つは、シングルラップを最大限に活用することだ。つまり、マシンでプッシュすること、マシンに自信を持つことだ。今はそれが100パーセントではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1モナコGP / アルピーヌ