フェルナンド・アロンソ 「現代のF1マシンで走行するイモラは素晴らしい」 / アルピーヌ F1エミリア・ロマーニャGP 初日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、現在のF1マシンで走行するイモラ・サーキットは“素晴らしい”経験だと語る。

フェルナンド・アロンソは、2005年と2006年のF1サンマリノGPでミハエル・シューマッハと激しいバトルを繰り広げており、イモラを知らないわけではない。そして、ターボハイブリッドF1カーでの走行は彼を失望させなかった。

フェルナンド・アロンソは、2005年のF1サンマリノGPで優勝し、2006年は2位でフィニッシュ。15年ぶりの予選セッションの準備をしている。

アルピーヌF1は、ノーポイントに終わった開幕戦から挽回するためにイモラに多くのアップデートを投入。フェルアンド・アロンソはFP1を7番手、FP2を14番手で終えていた。

2006年以来のイモラでのセッションを終えたフェルナンド・アロンソは「いい感じだったし、楽しい一日だったのは確かだ」とコメント。

「このサーキットは、現代のF1カーでは素晴らしい。非常に狭く、非常に速く、周りにマシンがいる場合、アウトラップとインラップで誰かを先に行かせたり、追い越したりするのは非常にトリッキーだし、かなり狭くい。アドレナリンがラップに蓄積されていく」

しかし、フェルナンド・アロンソは、アルピーヌはマクラーレン、アルファタウリ、アストンマーティンなどとのギャップを縮めることを目指しているが、ミッドフィールドにほとんど差はないと語った。

「非常に近くなるだろう」とフェルナンド・アロンソは続けた。

「僕たちはバーレーンでそれを目にしたと思うし、ここでもそれほど変わらないと思う。0.2~0.3秒でポジションが6~7は上下する。僕たちの上部の1つであることを願っている」

「進歩には満足しているし、すべての新しいパーツが機能しているようだ。さらに分析する必要がるけど、パフォーマンスの面で一歩前進したことは非常に楽観的だ。明日何ができるか見てみよう」

2021年 F1エミリア・ロマーニャGP FP2 結果・タイム
1.バルテリ・ボッタス(メルセデス) - 1分15秒551
2.ルイス・ハミルトン(メルセデス) - 1分15秒561
3.ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ) - 1分15秒629
4.カルロス・サインツ(フェラーリ) - 1分15秒834
5.シャルル・ルクレール(フェラーリ) - 1分16秒371
6.セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ) - 1分16秒411
7.角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ) - 1分16秒419
8.ランド・ノリス(マクラーレン) - 1分16秒485
9.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ) - 1分16秒513
10.ランス・ストロール(アストンマーティン) - 1分16秒737
11.エステバン・オコン(アルピーヌ) - 1分16秒817
12.ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ) - 1分16秒823
13.フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ) - 1分16秒835
14.マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) - 1分16秒999
15.セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン) - 1分17秒092
16.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ) - 1分17秒179
17.キミ・ライコネン(アルファロメオ) - 1分17秒273
18.ダニエル・リカルド(マクラーレン) - 1分17秒281
19.ミック・シューマッハ(ハース) - 1分17秒350
20.ニキータ・マゼピン(ハース) - 1分17秒857

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1イタリアGP / アルピーヌ