フェルナンド・アロンソ、F1復帰決定 「ルノーは僕のファミリー」
フェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権でルノーF1のドライバーとしてグリッドに戻ってくることが決定した。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2018年にF1を離れていたが、かつて共にタイトルを獲得した古巣ルノーF1とともにF1復帰することが決定した。

「ルノーは僕の家族であり、僕の2つのチャンピオンシップによってF1での一番の思い出だけど、今、僕は将来を見据えています」とフェルナンド・アロンソは語る。

「それは誇りの大きな源であり、キャリアのスタートで僕にチャンスを与え、今では最高レベルに戻る機会が与えられる巨大な感情とともにチームに戻ってきた」

「僕にはチームのプロジェクトに沿った原則と野心がある。 この冬の彼らの進歩は2022年シーズンの目標に信頼を与え、エンジニアからメカニック、そしてチームメイトまで自分のすべてのレース経験を共有していくつもりだ」

「僕がそうであるように、チームは表彰台に戻ることを望んでおり、その手段を持っている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー