フェルナンド・アロンソ、今季中にリカルドと交代でルノーF1に復帰?
フェルナンド・アロンソは、ルノーF1との2021年の契約をすでに締結しており、早ければ2020年シーズン内にマクラーレンに移籍するダニエル・リカルドに代わってF1復帰を果たすとスペインのラジオ局 Cadena SER が主張している。

だが、スペインの他のメディアは、今シーズンのF1復帰の噂について「すでにインディ500をやることにあると言っているよね」とフェルナンド・アロンソは答えたと伝えている。

2021年のルノーF1との契約にすでにサインしているとの報道については「お昼には、彼らはチームがアロンソにノーと言ったと言っていた。夜になると、今度は2020年にまさにそのチームでレースをすることになっている」とフェルナンド・アロンソは語った。

「数か月前に、将来の計画がずっと決まっていて、すぐに共有するだろうと話したはずだ。そうなるだろう」

だが、 Cadena SER は、フェルナンド・アロンソのニュースは“近いうち”に公式になるとし、ルノーF1は“できるだけ早く”にパートナーシップを開始することを望んでいると伝えている。

現在、ルノーF1のドライバーを務めるエステバン・オコンは、フェルナンド・アロンソの加入を歓迎すると語っている。

「彼が僕たちのチームに加入するかどうかはわからないけど、彼が戻ってくることができれば、私はとてもハッピーなのは間違いない」とエステバン・オコンは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ルノー