【動画】 アロンソ、ホンダのF1エンジンを酷評 「GP2エンジン!」
マクラーレン・ホンダ時代のフェルナンド・アロンソが、F1日本GPでホンダのF1エンジンを酷評した無線は過去10年で最も悪名高いものとして人々に記憶されている。

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンがタイトル奪還を目指してホンダをF1に復帰させた2015年に“マクラーレン・ホンダ”のプロジェクトに加入。しかし、3年間で一度も表彰台に上がることなく、マクラーレンとホンダのパートナーシップは3年で終焉を迎えることになった。

他のメーカーよりも1年遅れでV6ターボハイブリッドでの実戦となったホンダのF1エンジンは信頼性問題が多発。お世辞にも競争力があるものとは言えなかった。フェルナンド・アロンソは辛辣なコメントでホンダを批判した。

特に2015年にホンダの母国レースである鈴鹿サーキットでのF1日本GPでマックス・フェルスタッペン(当時トロロッソ)にストレートでまったく抵抗できずに抜かれた状況で発した「GP2エンジン!」という無線は今でも悪しきイメージを引きずっている。

後にフェルナンド・アロンソは、この“GP2エンジン”発言について「苛立っていた瞬間に出たものだ。でも、言うべきではなかったかもしれない」と後悔の念を語っている。

「でも、テレビや記者会見でそれを言ったわけではない。あくまでエンジニアとのプライベートな会話でだった。公にするつもりはなかった」

元F1ドライバーのJ.J.レートは、フェルナンド・アロンソのF1復帰は、これらのホンダF1への無礼によってほぼ不可能なものとなっていると語る。

「ホンダに対する無礼は本当にとんでもないものだった」とJ.J.レートは語る。

「彼は雇用主に向かって怒鳴り、彼らの足を踏みつけた。その振る舞いはどのメーカーからも見過ごされなかったのは確かだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / マクラーレン / F1動画