フェルナンド・アロンソ、2021年のフェラーリでのF1復帰の可能性を除外
フェルナンド・アロンソは、2021年にフェラーリでF1に復帰する可能性はないと考えている。

現在ダカールラリーに参戦するフェルナンド・アロンソは、今年5月に世界3大レースでの“3冠”を目指してインディ500に3度目の挑戦をすると考えられている。また、2018年にF1を離れてすぐにF1に戻ることを考えていることを示唆してきた。

「まずはダカールを終えて、そのあとインディ500に挑む。夏には決断しなければならないだろう」とフェルナンド・アロンソは El Partidazo de Cope にコメント。

「F1に戻るというアイデアもある。自分のことをF1ドライバーのように感じているし、それが最も好きなことであり、どのようにベストを尽くせばいいかをわかっていることだ

「復帰するかどうかはわからないけど、夏に今後2~3年の自分のキャリアを考えるつもりだ」

フェルナンド・アロンソは、F1だけに集中しないという決断をして以来、ル・マン24時間レースでの優勝を含めて挑戦を楽しんでいると語る。

しかし、フェルナンド・アロンソは明らかに再びF1に頂点を当てようとしているようだ。

「モーターレースのトップカテゴリーだけど、欠点もある」とフェルナンド・アロンソは語る。

「F1は人生のすべて捧げる必要がある。すでにそれを18年経験してきたし、これから2~3年でF1をやりたいかどうかを評価しなければならない」

フェルナンド・アロンソがF1を離れるという決断において大きな部分を占めたのは、ミッドフィールドでのフラストレーションだった。そのため、フェルナンド・アロンソがF1に復帰するかどうかは競争力のあるクルマを得られるかどうかが大きな要因となる。

「加入できるチーム、もしくは興味のあるチームを見なければならない。すべてをテーブルに置かなければならない」

しかし、フェラーリはフェルナンド・アロンソの選択肢にはないようだ。アロンソが5年をフェラーリで過ごしたが関係が悪化してチームを去っている。

「彼らと話はしていない」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「フェラーリとの旅は良かったと思うけど、復帰について話す時間ではないと思う。それにルクレールとの将来に彼らが賭けているのはとても明確だと思う」

「2021年に誰が競争力を発揮するかを確認する必要がある。おそらく、フェラーリはお気に入りではないだろう。見てみるつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ