F1 フェルナンド・アロンソ
ルノーの技術責任者を務めるボブ・ベルは、フェルナンド・アロンソのF1引退は、悲しいことではあるが、通常の世代交代の一部だとも考えている。

ボブ・ベルは、10年前にフェルナンド・アロンソが、F1ワールドチャンピオンを2連覇した際にルノーで一緒に仕事をしてきた。

「フェルナンドがF1を離れるのは非常に悲しいことだ」とボブ・ベルは Marca にコメント。

「彼が2度のタイトルしか獲得できずにF1を離れるのはさらに悲しい。彼は楽に4~5回はタイトルを獲得していたはずだからね。だが、ノーマルなドライバーのサイクルでもある」

「来年、フェラーリとレッドブルには若くてエキサイティングな才能が加わる。ドライバーな自然な世代交代だ」

ボブ・ベルは、来年にダニエル・リカルドが加入することを楽しみにしているが、ルノーとしてはカルロス・サインツとの再契約も望んでいたと認める。

「我々にとって非常に難しい状況だった」とボブ・ベルは語る。

「レッドブルが彼に対するオプションを行使すれば、我々にできることは何もなかった。だから、ダニエルが獲得可能になったときに我々は決断しなければならなかった」

ルノーF1のチームプリンシパルを務めるシリル・アビテブールは、エステバン・オコンの起用を見送った理由は、メルセデスとの結びつきだと語った。

「彼がメルセデスのドライバーであることは深刻な問題だった」とシリル・アビテブールは Nice Matin にコメント。
「我々は短期的、もしくは中期的にエステバンと仕事をする可能性があったが、彼はルノーだけのドライバーでなければならなかった」

「信じてほしいが、エステバンは非常に才能があるし、彼は確実にF1に戻ってくるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ