F1 2018年のF1世界選手権
フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダが3年間低迷したことで3冠達成に集中するためにF1引退も選択肢として検討していたと語った。

昨年、フェルナンド・アロンソはF1モナコGPを欠場して、世界3大レースでの“3冠”を目標に掲げてインディ500に参戦。2017年に悲惨なシーズンを過ごしたことでF1引退も囁かれていた。

フェルナンド・アロンソは2017年末で当時のマクラーレンとの契約が満了を迎えることになっており、マクラーレンの首脳陣はアロンソの離脱を覚悟していた。

しかし、マクラーレンはホンダと決裂してルノーを新たにエンジンパートナーに迎えることを決断。フェルナンド・アロンソはマクラーレンとの新たな契約にサインし、F1で高いレベルの競争を続けることを選んだ。

実際、フェルナンド・アロンソは、F1を離れることも選択肢としてあったと F1 Racing にコメント。

「そうだね。F1をやめて、シリーズを変更することを考えていた」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「去年、インディ500を終えて、オーストリアとシルバーストーンで数戦してみて、『来年は違うシリーズにトライした方がいいかもしれない。3冠に完全にコミットして。インディやル・マンに参戦した方がいいかもしれない』と考えた」

「でも、引退するには適切なタイミングではないと感じた。今ではない、このような結果の後ではない、このようなフィーリングの後ではないとね。残りの人生で後悔することになると思った」

「だから、まだ続けたい。僕とマクラーレンにとってやり残した仕事だ。今年はいろいろなことが変わると思う。それについてはかなり確信している」

マクラーレンは、今季のプレシーズンテストでもトラブルが多発する厳しいスタートとなったが、フェルナンド・アロンソは今年は定期的にQ3を争って表彰台も狙えるだろうと主張する。

「マクラーレンは9番手からジャンプアップして、彼らに近づいて、レースで戦えるようになるだろう」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「僕たちがルノーに変更したとき、僕たち全員はマクラーレンがトップ3に近づいて、可能であれば全てのレースでトップ5に入り、常にQ3に進出し、可能な時に表彰台を争えれば十分だということで合意した」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ