フェルナンド・アロンソ インディ500 マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが今年のインディ500に参戦することを発表した。マクラーレンとしての参戦となり、マシンはアンドレッティ・オートスポーツが用意し、ホンダのエンジンを搭載する。

今年で101回目を迎えるインディ500は、ル・マン24時間レース、F1モナコGPと並ぶ世界三大レースのひとつと言われており、フェルアンド・アロンソの強い希望により参戦が実現する。

フェルナンド・アロンソは、かつてマクラーレンがインディ500で勝利を収めたカラーリングをまとったマシンでのスポット参戦となり、レースオペレーションは、佐藤琢磨選手が2017年から在籍しているが担当、エントリー名は「マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ」となる。

アンドレッティ・オートスポーツとしては、レギュラーシーズンを戦うホンダエンジン搭載マシンにアロンソ選手のマシンを加えた体制で、2017年のインディ500に参戦する。

なお、フェルナンド・アロンソは5月28日に決勝日を迎えるインディ500と同日に開催されるF1モナコGPは欠場する。代わりを務めるドライバーについては追って発表される。

フェルナンド・アロンソは「マクラーレン、ホンダ、それにアンドレッティ・オートスポーツとともにインディ500に出場できることをとてもうれしく思う」とコメント。

「インディ500はル・マン24時間とF1モナコGPに並び、世界中のモータースポーツの中で、もっとも有名なレースだ。今年モナコでドライブできないことはもちろん残念だが、今シーズンF1で欠場するのはモナコだけだし、インディ500が終わったらすぐにチームに合流し、6月のカナダGPに備る」

マクラーレンのエグゼクティブディレクターを務めるザク・ブラウンは「私は若い頃からのF1ファンだが、アメリカ国民の一人としてインディ500は特別で素晴らしいレースだと常に思ってした。ですから、自分がマクラーレンの代表になった初年度に、その舞台にマクラーレン・ホンダのマシンを送り込むことが出来て、とても感慨深いです」とコメント。

「マイケルは昔からの友達で、非常に尊敬している人物だ。また、アンドレッティ・オートスポーツは優れた組織力を持つレーシングチームの一つで、勝ち方を熟知している。事実、昨年のインディ500では初参戦のアレクサンダー・ロッシが優勝していますし、アロンソがそのようなチームでインディカーのデビュー戦を迎えることを非常にうれしく思っています」

「同時に、今回のプロジェクトはホンダの後押しとサポートがなければ実現しなかったのは言うまでもない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダ | マクラーレン | インディカー