フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、今週末のF1中国GPでマクラーレン・ホンダのコックピットに戻るための医療許可を待っている。

F1オーストラリアGPで大クラッシュを喫したフェルナンド・アロンソは、テストで肋骨骨折が明らかになり、医学的な見地でF1バーレーンGPへの出場を許可されなかった。

フェルナンド・アロンソの代役として、スーパーフォーミュラのテストで日本にいたストフェル・バンドーンが急遽呼ばれ、デビューレースでポイントを獲得した。

フェルナンド・アロンソは、上海で木曜日に再び診察を受け、医療チームによってレース参戦の可否が決定される。

「バーレーンでレースに出場できないと伝えられたことにはガッカリしたけど、僕はFIAの医療チームの決定を完全に尊重した」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「金曜日にコックピットに戻れることを願っているけど、ドクターからレースを許可されるまでは何も仮定はできない。でも、通常通りにレース週末の準備を続けている」

マクラーレン・ホンダのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、ストフェル・バンドーンが再び待機していると述べた。

「ストフェルは、デビュー戦で彼とチームのシーズン初ポイントを獲得するという素晴らしい仕事をした」とエリック・ブーリエはコメント。

「フェルナンドが木曜日にFIAドライバーとルーチンの会議をするまで、再び、ストフェルはスタンバイしている。その時点まで我々は通常通りに準備を進めていく」

「フェルナンドは自宅で回復に努め、通常通りにトレーニングをしていた。彼と同じように我々も彼がクルマに戻ることを願っている」

「我々は結果を受け入れるつもりであり、それに応じる予定だ」

フェルナンド・アロンソもバーレーンでのストフェル・バンドーンのパフォーマンスを称賛しつつ、その一方で、走っていないが、多くのことを学んだと付け加えた。

「ストフェルはバーレーンで素晴らしい仕事をした。ジェンソンは信頼性問題に悩まされたが、週末を通して2台がかなり力強い走りをしていたのはポジティブだった」

「異なる側面からレース週末の展開を見ているのも面白かった。トラックにクルマを届ける全てのことを理解することに役立ったし、異なるプロセスについて多くのことを学ぶことができた。レースをしていた方がいいけどね」

関連:2016 F1中国GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダF1 | マクラーレン | F1中国GP