アウディによるF1チーム買収の可能性も「アルファロメオに全力を捧げる」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、ザウバーが所有するチームが将来的にアウディに買収される可能性がある中、F1パートナーシップを通じて「アルファロメオにベストを尽くす」ことに注力していると語った。

フォルクスワーゲン・グループは、ポルシェとアウディのブランドが2026年からF1に参加する計画に承認。ポルシェはレッドブルF1チームの50%の株式を取得する予定だが、アウディは、アルファロメオF1チームを運営するザウバーからチームを買収する可能性が最も高いとされている。

アルファロメオは、ザウバーとのユニークな契約の一環として2019年にF1に復帰した。F1チームは、アルファロメオの名前が付けられ、イタリアのブランドのためにデザインされているが、引き続きザウバーによって運営されている。両者のパートナーシップは1年ごとに毎年更新されている。

アルファロメオのCEOであるジャン・フィリップ・インパラトは先月、アウディとの関係について「盲目ではない」と語ったが、彼らのパートナーシップの将来についてはリラックスしている。

ジャン・フィリップ・インパラトのコメントについて尋ねられたフレデリック・ヴァスールは、アルファロメオは「現在の状況に満足している」と考えていると語った。

「彼らは単なるスポンサーではなく、我々はパートナーであり、一緒にプロジェクトを開発している。私は彼らとのパートナーシップに満足している」

「何よりも、アルファロメオとステランティスの関係とチームの関係は非常に良好だ」

「また、今日の良い結果の一部は、我々全員が協力しているためであり、彼らは他のパートナーを見つけるのにも役立っていると思う。私はパートナーシップを本当に楽しんでいます。」

ジャン・フィリップ・インパラトによると、ザウバーとアルファロメオのF1パートナーシップの2023年の更新は最終決定されたが、チームはまだ計画について正式な発表を行っていない。

アウディは、マクラーレン、ウィリアムズ、アストンマーティンの買収の可能性が指摘されていたが、ここ数カ月で最も高い可能性としてザウバーの名前が報じられている。

フレデリック・ヴァスールは、2026年まで先のことを考える必要性を軽視し、「2023年について話すのに苦労している!」と冗談を言った。

「まず、エンジンの状況を明確にする必要があると思う」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「もちろん、彼らはパドックの全員と話し合うだろう。彼らは彼らの仕事をする。彼らがエンジンへのコミットメントを確認でき次第、議論する時が来るだろう」

「しかし、最も重要なことは、今日、アルファ ロメオとのプロジェクトがあることだ。すべてを混ぜたくない。アルファロメオにベストを尽くしたい」

アルファロメオ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / ザウバー / アウディ